種子島久尚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
種子島 久尚
時代 江戸時代末期
生誕 嘉永7年(1854年
死没 明治15年(1882年
別名 通称:弾正
幕府 江戸幕府
薩摩藩
氏族 種子島氏第25代当主
父母 父:種子島久珍、母:島津久照の娘
正室:幸子島津貴典の娘)
時丸守時
テンプレートを表示

種子島 久尚(たねがしま ひさなお)は、江戸時代末期から明治時代初期にかけての薩摩藩家臣、種子島氏第25代当主。父は種子島久珍。母は島津久照の娘。正室は島津貴典の娘幸子。

略歴[編集]

嘉永7年(1854年)種子島久珍の子として生まれる。生後まもなく父久珍が急逝し家督相続。幼児のため、養祖母松寿院が政務を代行する。慶応元年(1865年)祖母松寿院が死去。明治元年(1868年)政府に戦費として800両を献金する。明治2年(1869年版籍奉還により種子島を政府に返還し鹿児島に移住。同年政府より世禄1500石を賜る。明治8年(1875年)長男時丸誕生。明治12年(1879年)次男守時誕生。明治15年(1882年)死去。享年29。

家督は嫡男時丸が相続するも明治18年(1885年)11歳で夭折。次男守時がその跡を継ぎ、明治33年(1900年男爵に叙され華族となる。

脚注[編集]