秦酒公

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

秦 酒 公(はたの さけ の きみ)とは、日本古代の、5世紀後半頃の豪族

経歴[編集]

渡来系氏族の廷臣と伝えられている。

日本書紀』巻第十四によれば、雄略天皇が木工(こだくみ)の闘鶏御田(つげ の みた)に命じて楼閣を造らせた。御田は楼に登って、四方に飛ぶように疾走した。これを見ていた伊勢の采女がその速さに驚き 、饌(そなえもの)をひっくりかえしてしまった。天皇はこれを見て、御田がその采女を犯したのだと疑い、物部(もののべ)の手に渡して処刑しようとしたとき、酒公が琴を弾いて歌を歌い、御田の無実を天皇に悟らしめた[1]

また、秦の民が分散してなどのを持つ諸氏のもとに置かれ、おのおのの一族の欲しいままに駈使されている情況を嘆いて、秦造酒は天皇に訴えた。天皇はこれを集めて酒公に賜った。酒公はこの百八十種勝(ももあまりやそ の すぐり)を率いて庸、調のや縑(かとり)を献上し、その絹・縑が朝廷にうず高く積まれたので、「禹豆麻佐」(うつまさ)の姓を賜ったという話がある[2]。この話は『新撰姓氏録』や『古語拾遺』にもみえ、『新撰姓氏録』には、さらに大蔵の長官になった、と伝えられている。

後者の物語については、秦氏が多数の氏族と部民を所有するに至ってから、5、6世紀頃に機織部が設置されたこと、秦=機と関連付けて製作された説話だとも見られている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本書紀』雄略天皇12年10月10日条
  2. ^ 『日本書紀』雄略天皇15年条

参考文献[編集]

関連項目[編集]