秋田県立ゆり支援学校道川分教室

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
秋田県立ゆり支援学校道川分教室
併設先の国立病院機構あきた病院
過去の名称 秋田県立本荘養護学校道川分教室
秋田県立秋田養護学校道川分教室
秋田県立ゆり養護学校道川分教室
国公私立の別 公立学校
設置者 秋田県の旗 秋田県
設立年月日 2003年12月1日
共学・別学 男女共学
設置学部 小学部
中学部
高等部
学期 3学期制
所在地 018-1393
秋田県由利本荘市岩城内道川
字井戸ノ沢84番地の40
国立病院機構あきた病院
外部リンク http://www.yuri-s-michikawa.akita-pref.ed.jp
Portal.svg Portal:教育
Project.svg プロジェクト:学校/特別支援学校テンプレート
テンプレートを表示

秋田県立ゆり支援学校道川分教室(あきたけんりつ ゆりしえんがっこうみちかわぶんきょうしつ)は、秋田県由利本荘市岩城内道川にある公立特別支援学校の分教室。国立病院機構あきた病院に併設されている関係上、病弱者を教育領域としている。

概要[編集]

2003年12月1日、当時の本荘市に所在した国立療養所秋田病院の廃止に伴い、同病院に併設され、同年度末で閉校が決まっていた秋田県立本荘養護学校の機能を事実上移転するため、国立療養所秋田病院よりも規模が小さかったにもかかわらず存続した当時の由利郡岩城町に所在した国立療養所道川病院(現:独立行政法人国立病院機構あきた病院)に、同養護学校の分教室として設置されたのが始まりである。

2004年3月で、本荘養護学校本校が閉校となったため、同年4月1日より秋田県立秋田養護学校肢体不自由を教育対象)の分教室となった。

しかし、「あきた総合支援エリア かがやきの丘」構想[1]により、2010年3月で秋田養護学校も閉校となったため、同年4月より当分教室と同じ由利本荘市にある、秋田県立ゆり養護学校(現・秋田県立ゆり支援学校知的障害を教育対象[2])の分教室となり、現在に至る。

本分教室の場合は、通学制の形を取らず、併設元である国立病院機構あきた病院に入院する重症心身障害児を中心とした訪問教育制をとっている。分教室ではあるが、秋田県における重症心身障害研究基幹校に指定されている。

沿革[編集]

  • 2003年(平成15年)12月1日 - 国立療養所秋田病院の閉院に伴い、国立療養所道川病院に併設される形で秋田県立本荘養護学校道川分教室として、開室。
  • 2004年(平成16年)4月1日 - 本荘養護学校閉校に伴い、秋田県立秋田養護学校道川分教室に改称。
  • 2010年(平成22年)4月1日 - 秋田養護学校閉校に伴い、秋田県立ゆり養護学校道川分教室に改称。
  • 2016年(平成28年)4月1日 - 母体校の校名変更にともない、秋田県立ゆり支援学校道川分教室に改称[3]

学部[編集]

  • 小学部
  • 中学部
  • 高等部

関連項目[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 経営破綻した、秋田県住宅供給公社が造成・販売していた南ヶ丘ニュータウンの一部区画の住宅地としての販売を見直し、特別支援学校と連携する医療施設で構成する福祉エリアとして再構築されることになったというもの。
  2. ^ ホームページ上では、ゆり支援学校では「知的障害と病弱を教育対象」としているが、本校側は知的対象のみで、当分教室が病弱と、厳密には明確に区別されている。
  3. ^ 県立特別支援学校の学校名が変わります (PDF, - 秋田県教育委員会 特別支援教育課)

外部リンク[編集]