秋山昌範

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
秋山 昌範
人物情報
生誕 1957年または1958年
出身校 徳島大学医学部
学問
研究分野 医療IT
研究機関 東京大学政策ビジョン研究センター
学会 日本医療情報学会
テンプレートを表示

秋山 昌範(あきやま まさのり)は、日本医学者東京大学政策ビジョン研究センター元教授。電子カルテの権威とされていた

経歴[編集]

  • 1983年3月 徳島大学医学部卒業
  • 1984年1月 徳島大学医学部附属病院泌尿器科 研修医
  • 1984年4月 徳島市民病院泌尿器科 医員
  • 1986年4月 公立大川総合病院(現・さぬき市民病院)泌尿器科 医員
  • 1987年3月 高松赤十字病院泌尿器科 医師
  • 1988年4月 国立療養所多磨全生園泌尿器科 厚生技官・医師、慶應義塾大学医学部病理学講座研究生
  • 1990年4月 国立病院四国がんセンター泌尿器科 厚生技官・医師
  • 1997年4月 国立国際医療センター病院総合外来部 厚生技官・第二総合外科医長
  • 1997年10月 国立国際医療センター病院第一専門外来部 厚生技官・第五内科医長
  • 1998年4月 国立国際医療センター病院情報システム部 厚生技官・情報システム部長(併任)
  • 2005年10月 マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院 客員教授
  • 2009年8月 東京大学政策ビジョン研究センター 教授
  • 2013年7月25日 東京大などに架空の研究費を請求し2000万円余りをだまし取ったとして、東京地検特捜部は秋山を詐欺容疑で逮捕、東京・本郷の自宅マンションなど関係先を家宅捜索した。秋山自身が懇意にしていた会社を介在させる方法で、研究費を不正取得した上で、だまし取った金の大半を私的に流用していたという。

著書[編集]

  • ITで可能になる患者中心の医療(2003年、日本医事新報社)ISBN 4784972781

外部リンク[編集]