福田豊 (化学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

福田 豊(ふくだ ゆたか、1943年 - )は、日本化学者お茶の水女子大学名誉教授。専門は、有機化学錯体化学。理学博士[1]。錯体化学において、特に可逆的な色変化を示す金属錯体の新規合成や固体・溶液内の色変化(クロモトロピズム)について顕著な業績をあげ、この分野の第一人者である[2][リンク切れ]

略歴[編集]

  • 1968年 金沢大学大学院理学研究科修士課程修了[3]静岡大学理学部助手。
  • 不明年 お茶の水女子大学理学部助手
  • 1981年 お茶の水女子大学理学部講師
  • 1985年 お茶の水女子大学理学部助教授
  • 1989年 お茶の水女子大学理学部教授
  • 2012年 お茶の水女子大学退官[4]

著書[編集]

  • 1991年 プログラム学習 錯体化学 (プログラム学習シリーズ):講談社

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]