福士久美子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

福士 久美子(別名・フクシクミコ、Qumico Fucci、Polly、Francesbean)は日本のミュージシャン。作詞家、作曲家、編曲家、プロデューサー。ボーカルの他の担当楽器はキーボード。それ以外にもライブやレコーディングではギター・タンバリンなどを演奏。

1993年にソロデビュー、1996年からはSHERBET、1998年からは現在のメンバーでSHERBETSを結成、(キーボード、コーラス、ボーカル)。2010年にTHE HiPPYを結成。

略歴[編集]

北海道出身。 福士久美子名義の他に、フクシクミコ、Qumico Fucci表記などで活動、バンドはSHERBET、SHERBETS(Key, Cho, Vo)、 THE HiPPY (Key, Cho)、grim grim (Key, Cho)。 ジャズミュージシャンだった父親に音楽を教えてもらい5歳で作詞作曲譜面にし、独学で学んでいく。ピアノを自由に弾く のを好み、父方の実家であるお寺でよく一人叩いていた太鼓等にも影響を受ける。また子供の頃によく母に連れられて 見に行っていたバレエの世界の照明、踊り、音楽の美しさにも強く影響を受ける。 音楽以外でも発想すること、作ることが好きで、服飾のデザイナー、自身のスタジオの設計、プロデュースなども手がける。

自ら作詞、作曲、編曲、プロデュース、演奏をし独特の世界を創り上げているシンガーソングライター。 作家としても作詞、作曲、編曲、CM音楽、TOKYO FMのジングルなど作品を多数提供。88年中森明菜のシングル「I MISSED "THE SHOCK"」 はQumico Fucci名義の作詞作曲の作品である。またTOKYO FMのラジオパーソナリティも努めていた。 ソロ活動初期の頃はバンドgrim grimのKey, Choでも活動していた(SHERBET / THE HiPPYのGuitar 水政創史郎、SHERBETS のBass 仲田憲一、Drum 外村公敏がメンバーである。)

1993年フクシ クミコ / シングル「RASAIYA」でソロデビュー、94年2ndシングル「アンテリージェ」(コーセー化粧品CM)、 1stアルバム「悲しいライオン」を発表。個性的な独特の世界観で高い評価を得る。 1997年 Polly名義でシングル「MAMMA MIA」(アニメ「MAMMA MIA」主題歌)、 1997年 福士久美子/ミニアルバム「SMILE SMILE TODAY」を発表 。 1998年自由な音楽を目指し、レコーディングスタジオ「Studio Hippo」、レーベル「HIPPO RECORDS」を設立し、 2000年 自身のプロデュースによるオムニバスアルバム「Possessed」、福士久美子/マキシシングル「SIVA」を発表。

1996年Blankey Jet City浅井健一と共にスタートしたバンドSHERBETでアルバム「セキララ」、シングル「ゴースト」を 発表、99年からは現メンバーのSHERBETSを結成、Key、Cho、Voで10枚のオリジナルアルバム他、シングル、DVD等を 多数発表している。ライブツアー、フジロックフェスティバル、野外イベント等にも多数出演、内面的で繊細かつアヴァ ンギャルドでドラマティックな唯一無二のバンドである。 2016年1月アルバム「CRASHED SEDAN DRIVE」を発表、2月より全国ツアーを行い、フジロックフェスティバル、JOIN ALIVE他のフェスにも出演。12月23日渋谷club asiaにて 「SIBERIAN CHRISTMAS~シャーベッツの世界~」と題したワン マンライブを行う。

2010年に結成したTHE HiPPYは、ライブを重ねレコーディングするが現在は活動休止中。

2017年1月25日にソロとしては久しぶりとなるアルバム「13 TREASURES」をフクシクミコ名義で発表。このアルバムを機にソロ再始動に 向けて現在ニューアルバムを制作中。

外部リンク[編集]