神谷伝兵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
神谷 伝兵衛

神谷 伝兵衛(かみや でんべえ、神谷傳兵衛、安政3年2月11日1856年3月17日) - 大正11年(1922年4月24日)は三河国松木島村(現在の愛知県西尾市一色町)出身の実業家である。東京都台東区浅草の洋酒バーの神谷バー茨城県牛久市ワイン醸造所のシャトーカミヤの創設者。

幼名は松太郎。後に婿養子の神谷(旧姓:小林)伝蔵が2世神谷伝兵衛を名乗る。

略歴[編集]

安政3年2月11日(1856年3月17日)、三河国松木島村の名主の六男として生まれた。父は兵助(ひょうすけ)、母は石(いし)。神谷家の先祖は武士であったが、江戸時代初めには農民として代々名主をつとめた家柄であった。しかし父・兵助は多趣味で家業を顧みることがなかったため、家は貧困に苦んだため幼くして働きに出た。8歳にして酒樽造りの弟子として働き、次いで姉の嫁ぎ先で商業の見習をし11歳のとき商人として独立した。綿の仲買人や雑貨の行商などを行っていたが、16歳の時に失敗して全財産を失う。明治6年(1873年)4月、兄の勧めもあり横浜にあったフランス人の経営するフレッレ商会酒類醸造場で働いた。ある時、病気で衰弱して命に関わるまでになった折り主人の勧めた葡萄酒により体調を回復させてその滋養を知る。

明治7年(1874年4月9日に父・兵助が亡くなると家督を相続し、幼名の松太郎から伝兵衛と改名した。19歳で横浜の会社を辞めて東京麻布(現・東京都港区麻布)の天野酒店に入り、酒の引き売りを始める。寸暇を惜しんで蓄えた財産を元手に明治13年(1880年)4月、東京浅草に酒の一杯売り家「みかはや銘酒店」(後の神谷バー)を開く。輸入葡萄酒を原料として日本人好みの甘口の再製葡萄酒は評判を呼び、明治18年(1885年)に「蜂印葡萄酒」、明治19年(1886年)に「蜂印香竄葡萄酒」 (はちじるしこうざんぶどうしゅ)の名で売り出し海外でも高い評価を受けた。明治31年(1898年)に念願の葡萄酒づくりに着手すべく茨城の原野を開墾して神谷葡萄園を開園、明治36年(1903年)9月には醸造場の神谷シャトー(牛久シャトー、現・シャトーカミヤ)を竣工させる。明治45年(1912年4月10日に浅草の店を改装して神谷バーを開業。同年5月30日三河鉄道の創立に取締役として参加、大正5年(1916年4月5日に同社社長に就任する。

大正11年(1922年)4月24日に66歳で亡くなる。遺体は希望通りに神谷葡萄園内の墓地に埋葬されたが、昭和53年(1978年)に東京都台東区谷中天王寺墓地に移された。茨城県牛久市のシャトーカミヤの中には神谷傳兵衛記念館があり、また神谷公園墓地跡には伝兵衛を讃える記念碑が残っている。

関連施設[編集]

神谷バー
シャトーカミヤ本館

神谷バー[編集]

神谷バーを参照。

シャトーカミヤ(国の重要文化財)[編集]

詳しくはシャトーカミヤを参照。

浅草で神谷バーを開店して成功をおさめた伝兵衛は、この成功によって得た資金を元に念願の葡萄酒づくりを実現させようとした。この時、尽力したのは婿養子の伝蔵だった。子供のなかった伝兵衛は兄・圭介の長女誠子を養女に、そして働き者で研究熱心と評判の高かった小林伝蔵を婿養子として迎えた。伝蔵は結婚式の3日後の明治27年(1894年9月24日に葡萄栽培と葡萄酒醸造の技術習得を託され渡仏、明治30年(1897年1月12日に多くの参考書や醸造用具、土の標本などを携えて帰国した。伝兵衛は伝蔵の帰国後すぐ苗木6000本を輸入し東京郊外の村に試植、順調な苗の生育に日本国内での葡萄栽培に自信を持った。茨城県稲敷郡岡田村(現・茨城県牛久市)に土地160haを購入すると、開墾して明治31年(1898年)に「神谷葡萄園」をつくった。明治34年(1901年)に仮醸造場を誕生させ、明治36年(1903年)9月には本格的な醸造場(現在のシャトーカミヤ)を完成させた。

シャトーの葡萄園は1990年代に残っていた部分は大方駐車場等に変わり、極僅かに垣根式栽培を残すのみである(僅かでも残すことは、ワインの原材料の栽培から瓶詰めまで一貫生産を行う「シャトー」称号に関わるためと思われる)。また、かつて葡萄園であった土地の一部に「神谷」という地名を付けている。

シャトーカミヤの事務室、醗酵室、貯蔵庫の3棟は平成20年(2008年)6月に国の重要文化財に指定された。テレビドラマ『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』や『MAGISTER NEGI MAGI 魔法先生ネギま!』など、ドラマや映画のロケ地としても有名である。

三河鉄道[編集]

大正3年(1914年)に開通した愛知県三河地方を走っていた鉄道。昭和16年(1941年)に名古屋鉄道と合併して名鉄三河線となり、さらに名鉄蒲郡線を分離した。平成16年(2004年)に三河線の一部区間が廃止された。

伝兵衛は明治43年(1910年)の鉄道敷設申請時から取締役として携わっていたが、大正5年(1916年)に経営危機に陥るや乞われて3代目の社長に就任。自ら莫大な資金を投入して経営再建を果した。4代目社長には婿養子の伝蔵(2世神谷伝兵衛)が就任し、伝兵衛の没後4年の大正15年(1926年)に路線が故郷の松木島に至ると功績をたたえて駅名を「神谷駅」(昭和24年(1949年)に松木島駅と改称)と名付けた。鉄筋コンクリート造りのモダンな駅舎は、昭和53年(1978年)に老朽化のため取り壊された。平成16年(2004年)の三河線一部廃止に伴い、故郷の松木島を通る区間はなくなった。

別荘[編集]

旧神谷伝兵衛稲毛別荘

大正7年(1918年)、東京湾に面する松林が広がる避暑地であった千葉県の稲毛海岸に別荘を構えている。洋館と和館からなっていたが、現在は洋館のみ現存する。洋館は鉄筋コンクリート造2階建ての瓦葺。なお和室の床柱にはワイン醸造で立身した伝兵衛らしく、葡萄の古木が用いられている。現在は「千葉市民ギャラリー・いなげ」(旧神谷伝兵衛稲毛別荘)として活用されている。国の登録有形文化財で、初期の鉄筋コンクリート建築として全国的に大変貴重な建築物である。所在地は千葉市稲毛区稲毛1-8-35。

その他[編集]

蜂印香竄葡萄酒(ハチブドー酒

明治19年(1886年)に商標登録した葡萄酒の名前だが「香竄」(こうざん)は多芸多趣味に身をやつしていた父の雅号を由来とし、また豊かな芳しい香りが隠れ忍んでいるという意味も込めた。シャトーカミヤの中にあるショップにも「香竄」の名が付けられている。日本人の口に合うよう蜂蜜で甘くしたこの葡萄酒(ワイン)が大人気となったため以降の日本では甘口のものが好まれて、なかなか本格ワインが普及しなかった。

現在でも神谷バーでは通常のワイン(カミヤワイン)とともにハチブドー酒を販売している。

牛久市出身の声優・神谷浩史は伝兵衛と名字が同じこともあってか「僕のおじいちゃん」と冗談交じりに発言している(実際には名字が同じなだけで、血縁関係は全く無い)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]