神田茂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
神田 茂
(かんだ しげる)
生誕 1894年2月21日
日本の旗 日本 大阪府
死没 (1974-07-29) 1974年7月29日(80歳没)
日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 天文学
研究機関 東京帝国大学
横浜国立大学
出身校 東京帝国大学
主な業績 アマチュア天文家の指導
プロジェクト:人物伝

神田 茂(かんだ しげる、1894年2月21日 - 1974年7月29日)は、日本の天文学者大阪府出身。アマチュア天文家の指導者として有名。

人物[編集]

1920年東京帝国大学理学部天文学科を卒業、翌年東京天文台(国立天文台の前身)の技手となった。東京天文台時代は理科年表の編纂にあたったが1943年退官し、2年後日本天文研究会を結成した。一時期横浜国立大学の教授を務めたこともある[1]アマチュア天文家の指導に熱心で、「西の山本一清、東の神田茂」と称された。1974年、肝臓癌のため死去[2]。なお一部の人名事典では没年月日が「1974年7月27日」となっているが誤りで、「1974年7月29日」が正しい。

神田の弟子に広瀬秀雄がいる。

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

  • 『天文地球物理学』(恒星社厚生閣 1957年

編著[編集]

  • 『日本天文史料 上下 復刻版』(原書房 1978年
  • 『日本天文史料綜覧』(原書房 1978年)

校正[編集]

  • 『新撰・全天恒星図』(恒星社厚生閣 1946年

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本アマチュア天文史編纂会 編 『改訂版 日本アマチュア天文史』 恒星社厚生閣1995年6月25日ISBN 4-7699-0803-2、26頁
  2. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)9頁