神栖麗奈シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
神栖麗奈は此処にいる
神栖麗奈は此処に散る
著者 御影瑛路
発行日 2005年12月10日
2006年1月10日
発行元 電撃文庫アスキー・メディアワークス
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 文庫本
ページ数 339ページ/273ページ
コード ISBN 978-4840232388
ISBN 978-4840232678
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

神栖麗奈シリーズ」(かみすれいなシリーズ)は、御影瑛路による日本ライトノベルのシリーズ。イラストはない。電撃文庫アスキー・メディアワークス)より2005年12月[1]から2巻が刊行されている。

ストーリー[編集]

登場人物[編集]

神栖麗奈
神栖麗奈という名前の現象。神栖麗奈という名前をしったうえで誰かの代わりを強く欲して常識と言う名のフェルターを外した人間のみが見ることが出来る。
神栖麗奈
純聖和学園の生徒。神栖麗奈に名前を与えた。
斉藤楓末
紫倉中学の生徒。神栖麗奈に与えた役割は親友。
芦沢俊樹
紫倉中学の生徒。
水原由宇
俊樹の彼女。
木村恭平
楓末のクラスメイト。楓末に無実の罪を着せた。神栖麗奈に与えた役割は楓末の代わりに謝る相手。
加藤祐司
紫倉中学の生徒。
見原先生
精神病院の先生。
木檜篤志
紫倉中学の生徒。神栖麗奈に与えた役割は家族を殺した犯人。
木檜尊志
篤志の父親。
椎木穂純
しずかの後輩。
涌井しずか
三原先生がカウンセリングしていた患者。神栖麗奈に与えた役割はレイプされた理由。
加藤紀一
和亮の友人。
豊無和亮
しずかの幼馴染。神栖麗奈に与えた役割は敵。
三津井吉乃
千美の妹。神栖麗奈に与えた役割は大好きな先輩。
加合さくら
神栖麗奈の信者。
三津井千美
麗奈の手下。
神栖聊爾
麗奈の兄。
冬木杏奈
さくらのクラスメイト。
春日井優子
神栖麗奈の信者。
橘江美
神栖麗奈の信者。

用語[編集]

紫倉中学
市立の中学。
純聖和学園
私立の女子高。
人型エネルギー
しずかが霊につけた名前。

既刊一覧[編集]

御影瑛路アスキー・メディアワークス電撃文庫〉、既刊2巻(2010年1月現在)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 国会図書館書誌情報

外部リンク[編集]