神村浩平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

神村 浩平(じんむら こうへい、1984年1月7日 - )は、日本の社会起業家神奈川県川崎市高津区生まれ。株式会社ニコ・ドライブ代表取締役社長、一般社団法人チャレンジド・クリエイティブラボ顧問、一般社団法人センターポール顧問、2020年パラリンピック東京大会成功ワーキングチーム所属。

略歴[編集]

  • 2000年 - バイクで走行中に交通事故に遭遇。脊髄損傷胸椎4番)を受傷し車椅子生活を始める
  • 2004年 - NECエレクトロニクス株式会社入社
  • 2006年 - 車椅子バスケットボール選手として米イリノイ州・パークランドカレッジへ留学
  • 2007年 - イリノイ州で暮らす障害児のための車いすバスケットボールチームを設立し、ヘッドコーチ活動を行う
  • 2008年 - 車椅子バスケットボール全米選手権 第2位
  • 2012年 - ゴールドマンサックス証券株式会社へ入社
  • 2013年 - 元自動車メーカーエンジニアの故・荒木正文氏とニコ・ドライブを創業
  • 2015年 - 株式会社ニコ・ドライブ設立、代表取締役社長就任
  • 2016年 - 第100回「かわさき起業家オーディション 優秀賞」受賞

モデルとなった作品[編集]

2004年に映画監督中田新一によって製作された映画作品「ウィニング・パス」は、神村浩平の半生をモデルにして製作された。[1]本作品は、松山ケンイチの映画初主演作品、助演は堀北真希

参考文献[編集]

TV[編集]

  • 「自動車の運転を多くの人に」『NHK ニュースウオッチ9』2016年7月21日。
  • 「より自由にドライブを 障害者向け新補助装置 体験会」『NHK ほっとニュース北海道』2017年7月7日。

新聞[編集]

  • 「車椅子バスケ 新たな希望に」『朝日新聞』2004年1月31日付夕刊。
  • 「障害者の職場 VBが手助け」『日本経済新聞』2016年5月2日付朝刊、第11面。
  • 「下肢障害 運転、車の改造不要」『読売新聞』2017年1月31日付朝刊、第26面。
  • 「車を自在に使う夢を追う」『朝日新聞』2017年8月2日付朝刊。
  • 「手動アクセル・ブレーキ 試乗に風穴」『産経新聞』2017年9月19日付朝刊 第24面。

WEBメディア[編集]

外部リンク[編集]

出典[編集]

  1. ^ 「車椅子バスケ 新たな希望に」『朝日新聞』2004年1月31日付夕刊。