神取橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
神取橋
Kandoribashi.JPG
旧北上川と江合川合流地点から見た神取橋
基本情報
日本の旗 日本
所在地 宮城県石巻市和渕
建設 1965年
座標 北緯38度31分46秒 東経141度13分33秒 / 北緯38.52944度 東経141.22583度 / 38.52944; 141.22583
構造諸元
形式 3径間連続下路式トラスト橋+3連単純合成鈑桁橋
全長 287.1m
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

神取橋(かんどりばし)は、宮城県石巻市旧北上川に架かるである。宮城県道21号線上にあり、石巻市和渕地区と石巻市桃生町神取地区を結ぶ。神取橋のすぐ北西側で旧北上川と江合川合流している。

歴史[編集]

現在の石巻市桃生町の領域はその周囲の大部分を北上川に囲まれていて、内外への出入りには渡河を必要とした。橋が架設される以前は渡し船が運航され、神取はその船場の一つだった[1]

1931年(昭和6年)、永久橋に架け替えられた米谷船橋が払い下げられて、これが修理の上で神取と和渕の間に神取橋として架設された[2]。しかし、この船橋は老朽化や流氷による損傷のためにしばしば取り外して修理を必要とし、特に石巻線佳景山駅志津川気仙沼登米郡方面を結ぶ路線バスの運行に支障を来たした。こうした状況から固定橋への架け替えが望まれ、1941年(昭和16年)に宮城県が県費で木橋の固定橋に架け替えた[3]。1965年(昭和40年)に現在のコンクリート塗装(鋼)の永久橋[4]に架け替えられ、6月3日の10時に桃生町と対岸の河南町の共催による橋の落成式が行われた[5]。1985年(昭和60年)には人道橋が設置された[1]

構造[編集]

  • 単純トラス

周辺[編集]

隣の橋[編集]

  • (旧北上川上流) 豊里大橋 - 神取橋 - 天王橋(下流)
  • (江合川上流) 江合川橋梁(鉄橋。JR気仙沼線) - 神取橋 - 天王橋(下流)

脚注[編集]

  1. ^ a b 『桃生町史』第4巻 諸史編314-315頁。
  2. ^ MediaWiki/ja”. 2015年2月26日閲覧。
  3. ^ 神取橋がかかるまでの貴重な写真です。
  4. ^ 土木技術資料
  5. ^ 『河南町誌』上426・430頁。

参考文献[編集]

  • 桃生町史編纂委員会 『桃生町史』第4巻 諸史編 桃生町、1993年。
  • 河南町誌編纂委員会 『河南町誌』上 河南町、1967年。

外部リンク[編集]