神二ダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
神二ダム
神二ダム
所在地 左岸:富山県富山市岩稲
位置 北緯36度33分11秒
東経137度13分24秒
河川 神通川水系神通川
ダム湖
ダム諸元
ダム型式 重力式コンクリートダム
堤高 40.0 m
堤頂長 336.8 m
堤体積 107,000
流域面積 2060.0 km²
湛水面積 67.0 ha
総貯水容量 8,663,000 m³
有効貯水容量 3,141,000 m³
利用目的 発電
事業主体 北陸電力
電気事業者 北陸電力
発電所名
(認可出力)
神通川第二発電所
(40,000kW)
施工業者 前田建設工業
着工年/竣工年 1952年/1953年
テンプレートを表示

神二ダム(じんにダム、神通川第二ダム)は、富山県富山市一級河川神通川水系神通川に建設されたダム。高さ40メートル[1]重力式コンクリートダムで、北陸電力発電用ダムである。同社の水力発電所・神通川第二発電所に送水し、最大4万キロワットの電力を発生する。

歴史[編集]

1951年昭和26年)、北陸電力が発足して初めてとなる大規模な水力発電開発が神通峡において行われた。かつて日本発送電が着手し、中断した寺津発電所計画を継承し、修正を加えたものが神通川第一発電所および神一ダムである。その下流に神二ダムを建設することが計画された。神二ダム直下右岸の神通川第二発電所は、カプラン水車を採用する2台の水車発電機を設置し、合計最大4万キロワットの電力を発生できる。神二ダムの建設は1952年(昭和27年)9月に着工し、1954年(昭和29年)2月に1号発電機が、同年3月に2号発電機が運転を開始した。

神二ダムの当初の目的は、神通川第一発電所の逆調整であった。神通川第一発電所は電気の多く消費される時間帯に集中して発電するため、発電所の出力調整に伴って河川の増水・減水が繰り返される。これを神二ダムで吸収し、下流における利水やレジャーへの悪影響を抑える必要があった。その後、神二ダムから4キロメートル下流に建設する神三ダムによって逆調整を行うことが計画されたことで、神通川第二発電所の運用が見直される。逆調整のためには出力を一定に保たなければならなかったところ、神通川第一発電所と連携した出力調整が可能になった。

周辺[編集]

北陸自動車道富山インターチェンジから国道41号を南下、神通川に架かる新笹津橋を渡って間もなく、神二ダムが見えてくる。ダム左岸には岩稲(いわいね)広場があり、十数台の自動車が駐車できるスペースがある。ダム湖(人造湖)は財団法人富山県体育協会の「富山県漕艇場」(社団法人日本ボート協会B級公認コース)となっており、ボート競技コースとして、また練習会場として利用され、ここで腕を磨いて世界へと羽ばたいていった選手も数多いという。このほか湖畔には岩稲温泉楽今日館(らっきょうかん)がある。

脚注[編集]

  1. ^ 神二ダムの堤高について、ダム便覧は40メートルとしているが、『北陸地方電気事業百年史』では37.3メートルとある。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]