祖国統一三大憲章記念塔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 北緯38度57分52.30秒 東経125度42分56.94秒 / 北緯38.9645278度 東経125.7158167度 / 38.9645278; 125.7158167

祖国統一三大憲章記念塔
Arch of Reunification.jpg
祖国統一三大憲章記念塔の位置(平壌市内)
祖国統一三大憲章記念塔
各種表記
ハングル 조국통일3대헌장기념탑
漢字 祖國統一三大憲章記念塔
発音 チョグットンイルサムデホンジャンギニョムタプ
日本語読み: そこくとういつさんだいけんしょうきねんとう
英語表記: MR式:Choguk T'ong'il Samdae Hŏnjang Kinyŏmt'ap
英語表記:Arch of Reunication
テンプレートを表示

祖国統一三大憲章記念塔(そこくとういつさんだいけんしょうきねんとう、: 조국통일3대헌장기념탑)とは、朝鮮民主主義人民共和国平壌直轄市にあるアーチである。

概要[編集]

2001年朝鮮統一問題の進展の為に金正日によって建設された[1]

このコンクリートのアーチは平壌から軍事境界線に至る平壌-開城高速道路上に建設されており、アーチは伝統的な衣裳を身に纏った二人の朝鮮人女性が南北それぞれを象徴して繋がっており、その中央部に統一朝鮮の地図が描かれている[1]

アーチの台座には様々な人や機関、国家による統一及び平和への支援のメッセージが寄せられている。

参考文献[編集]

  1. ^ a b Harris, Mark Edward (2007). Inside North Korea. Chronicle Books. p. 37. ISBN 978-0-8118-5751-2. http://books.google.com/books?id=tc-_8GoNB3gC&pg=PA37