社会運動標榜ゴロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

社会運動標榜ゴロ(しゃかいうんどうひょうぼうゴロ)[1]とは社会運動を仮装し、又は標榜して、不正な利益を求めて暴力的不法行為等を行うおそれがあり、市民生活の安全に脅威を与える者のこと[2]

伝統的な暴力団の経済活動への対策強化や、1981年商法改正による総会屋対策が行われた際に生まれ、1986年には警察庁に対策が必要な集団として分類されるようになった。

社会運動や政治活動を仮装、標ぼうするなどして、反社会的勢力の威力を利用して行政対象暴力民事介入暴力で不当な利益を得るものであり、社会問題となった。

大掛かりな行動を取るよりも地域密着型で生活改善や地域改善と言った市町村レベルでの動きを取ることが多い[3]

参考文献[編集]

  • ピーター・B・E・ヒル 『ジャパニーズ・マフィア ヤクザと法と国家』 田村未和訳、三交社、2007年ISBN 978-4-87919-169-4

脚注[編集]

  1. ^ 榜の漢字が常用漢字でないため、公用文等では社会運動標ぼうゴロという表記が一般的
  2. ^ 平成27年の暴力団情勢 警察庁組織犯罪対策部暴力団対策課・組織犯罪対策企画課
  3. ^ 夏原武「反社会的勢力」(洋泉社)

関連項目[編集]