砥上裕將

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

砥上 裕將(とがみ ひろまさ、1984年 - )は、日本水墨画家、小説家福岡県生まれ[1]

経歴・人物[編集]

2019年6月、『線は、僕を描く』で第59回メフィスト賞を受賞し、同年同作で小説家デビュー[2]。『線は、僕を描く』は堀内厚徳の作画によって『週刊少年マガジン』で漫画化連載された(コミックス全4巻完結)。また同作は第3回ブランチBOOK大賞2019を受賞。第17回キノベス!2020では6位となった。2020年、第17回本屋大賞にもノミネートされている。

作品リスト[編集]

単行本[編集]

単著
  • 線は、僕を描く』(講談社、2019年7月 / 講談社文庫、2021年10月)
  • 『7.5グラムの奇跡』(講談社、2021年10月)
    • 収録作品:盲目の海に浮かぶ孤島 / 瞳の中の月 / 夜の虹 / 面影の輝度 / 光への瞬目
アンソロジー
  • 『Day to Day』(講談社、2021年3月)※リレーエッセイ、無題

雑誌掲載作品[編集]

小説
  • 「盲目の海に浮かぶ孤島を探して」 - 『メフィスト』2020年 vol.2(2020年8月、講談社)
  • 「瞳の中の月」 - 『メフィスト』2020年 vol.3(2020年12月、講談社)
エッセイなど
  • 「『線は、僕を描く』あとがきのあとがき」 - 『メフィスト』2019年 vol.2(2019年8月、講談社)
  • 「「言葉が出てきてはいけない世界」を小説に描くということ」 - 『文蔵』163号(2019年9月、PHP研究所
  • 「第59回メフィスト賞受賞作『線は、僕を描く』5万部突破! サインを描く旅」 - 『本』2020年1月号(講談社)
  • 「一つのことに集中して生きる幸せが世の中にはあると思うんです」 - 『別冊文藝春秋』2020年3月号(文藝春秋
  • 「〆切めし」 - 『小説現代』2021年4月号(講談社)
  • 「のりがたり」 - 『小説すばる』2022年3月号(集英社

脚注[編集]

  1. ^ 『線は、僕を描く』(講談社、2019年7月)著者経歴より。
  2. ^ 講談社ノベルス公式HP