石町時の鐘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
石町時の鐘
石町時の鐘.JPG
情報
管理運営 中央区
階数 2
竣工 1930年
所在地 103-0013
東京都中央区日本橋小伝馬町5番2号
座標 北緯35度41分27.7秒 東経139度46分39.2秒 / 北緯35.691028度 東経139.777556度 / 35.691028; 139.777556座標: 北緯35度41分27.7秒 東経139度46分39.2秒 / 北緯35.691028度 東経139.777556度 / 35.691028; 139.777556
テンプレートを表示

石町時の鐘(こくちょうときのかね)は、東京都中央区が現存している時の鐘であり、鐘が東京都指定文化財である。また、本石町時の鐘ともいう。

歴史[編集]

時の鐘の説明石碑

江戸時代の時の鐘は最初江戸城に置かれていた。その後、徳川秀忠の頃、1626年に時の鐘を辻源七が本石町三丁目(今の日本橋本町四丁目)に移し、鐘楼堂を建てた。その後、1710年に起こった火災で鐘楼などが焼失し、現在の時の鐘は1711年に作られた物である。高さは1.7メートルで口径は93cmである[1]。また時の鐘は寺社の鐘と違い、公費で運営していたので、時の鐘が聞こえる約四百町(初めは三百町ほど)の範囲から鐘撞き料(町人は間口一間につき四文)を徴収していた。鐘を鳴らす基準となる時間は、江戸城からの太鼓の音を基準にしていた。また、与謝蕪村は時の鐘の近くに住んでいた。明治初期に時の鐘は廃止され、1930年昭和5年)に鐘が十思公園に移される。その後1953年に東京都指定文化財に指定された。現在の鐘楼は鉄筋コンクリート造りである。また、現在は大晦日のみ鐘が撞かれている。

時の鐘を読んだ川柳[編集]

  • 「石町は江戸を寝せたり起こしたり」 - 江戸時代の時間感覚は、時の鐘を参考にしていた。
  • 「石町の鐘はオランダまで聞こえ」 - 時の鐘の近くに長崎屋オランダ商館の使節が滞在した)があったから

出典[編集]

  1. ^ 石町時の鐘”. 中央区観光協会. 2004年9月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月7日閲覧。

関連項目[編集]