石河光晃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
石河光晃
時代 江戸時代末期(幕末) - 明治時代
生誕 文化9年11月15日1812年12月18日
死没 明治14年(1881年1月4日
別名 太八郎(通称)→佐渡
官位 従五位下、佐渡
主君 徳川慶恕茂徳義宜慶勝
尾張藩家老
氏族 石河氏
父母 父:石河光美
正室:説(本多忠升の四女)
継室:鏗(青木一貞の五女)
継室:條(加島三郎左衛門の次女)
光煕、晃宝

石河 光晃(いしこ みつあき)は、尾張藩家臣、美濃駒塚領主、石河家第10代当主。

略歴[編集]

嘉永6年(1853年)、父光美の隠居により家督を相続。家老職を仰せつかる。安政4年(1857年)、従五位下佐渡守に叙任。

元治元年(1864年第一次長州征討に、征長総督となった徳川慶勝に従い出陣。敗れた長州藩が、山口城を破却することとなり、監視のために総督の名代として派遣される。宿舎で藩主毛利元徳の陳謝を受け、家老宍戸親基毛利元美らに、三条実美ら五卿の速やかな引渡しを命じた。

明治元年(1868年)、東幸する明治天皇佐屋川に出迎える。同年官位返上により佐渡と名を改める。明治2年(1869年)刑法官判事となる。明治5年(1872年)、旧領駒塚に移住した。

明治14年(1881年)1月4日死去。享年70。

参考文献[編集]

  • 『名古屋市史』