石井泰行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

石井 泰行(いしい やすゆき、昭和9年(1934年5月12日 - 平成27年(2015年11月23日)は、広島県出身の実業家経営者である。賀茂鶴酒造名誉会長。

来歴[1][編集]

  • 昭和9年(1934年)5月12日 - 広島県賀茂郡西条町(現・東広島市)に生まれる。
  • 昭和28年(1953年)3月 - 広島大学教育学部附属東千田高等学校卒業。
  • 昭和32年(1957年)3月 - 早稲田大学第一商学部卒業。
  • 同年4月 - 賀茂鶴酒造株式会社東京支社に入社。
  • 昭和38年(1963年) - 同社東京支社長に就任。
  • 昭和54年(1979年) - 同社取締役社長に就任。
  • 平成5年(1993年)4月 - 東広島商工会議所会頭に就任( - 平成10年(1998年)3月)。
  • 平成7年(1995年)4月 - 崇徳学園理事長に就任( - 平成13年(2001年)3月)。
  • 平成9年(1997年) - 同社代表取締役会長に就任。
  • 平成11年(1999年)4月 - 東広島市観光協会会長に就任( - 平成25年(2013年)3月)。
  • 平成23年(2011年)11月 - 名誉会長に就任。
  • 平成26年(2014年)5月 - 賀茂鶴酒造株式会社参与に就任( - 平成27年(2015年)11月)。
  • 平成26年(2014年)6月 - 株式会社東広島ケーブルメディア代表取締役会長兼社長に就任( - 平成27年(2015年))。
  • 平成27年(2015年)11月23日 - 多臓器不全のため死去。

人物[編集]

  • 血液型O型。趣味は絵画鑑賞・読書・人と付き合うことである。信条は「自然体」。座右の銘は「一隅を照らす」。性格は、と尋ねると「短気。若いときには理不尽なことがあると、木刀を持って殴りこんだこともある」と答えている。
  • 創業者一族ではなく、準創業家とされる。
  • 妻は日本画家児玉希望の息女である。
  • 長男・石井裕一郎氏はNHK勤務。ディレクター、チーフ・プロデューサーとして歴史番組やドキュメンタリーを担当した。プロデューサーとして関わった番組として代表作に「その時歴史が動いた」「ストレッチマン2」などがある。
  • 東映会長・相談役を務めた岡田茂日本商工会議所第17代会頭の山口信夫、「酒」編集長の佐々木久子など幅広い人脈があった。
  • 母校である広島大学附属中学・高等学校の同窓会長も務めていた。

典拠[編集]

  1. ^ 『月刊経済春秋』2015年3月号(2015年、春秋社)、p46