石井克政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石井 克政(いしい よしまさ、1953年4月22日[1] - )は、日本実業家トヨタファイナンシャルサービス代表取締役社長トヨタ紡織代表取締役社長を経て、同社副会長。

人物・経歴[編集]

東京都出身。1976年一橋大学商学部を卒業し、トヨタ自動車販売に入社。トヨタ自動車海外事業室主査ヨーロッパ営業室長、トヨタモーターマーケティングヨーロッパ出向、トヨタ自動車常務役員専務取締役・営業企画本部長欧州本部長を経て、2013年からトヨタファイナンシャルサービス代表取締役社長兼トヨタ自動車取締役[2]

2015年、トヨタ紡織代表取締役社長に就任。海外経験が長く、海外事業強化やシート骨格事業再編などに取り組んだ[3]。2017年に、メキシコとアメリカの壁の建設を公約としたドナルド・トランプアメリカ合衆国大統領に就任後、従業員の1割を占めるメキシコからの輸出制限への対応を検討し[4]、同年自動車用シート事業における提携を強化のためタチエス株式を取得した[5]

大学時代は、バスケットボールプレーヤーとして活躍し、トヨタ自動車アンテロープス顧問も務めた。孫が6人いる[6][7]。2018年トヨタ紡織取締役副会長、ATグループ取締役。2019年トヨタ紡織シニアアドバイザー[8]

脚注[編集]


先代:
佐々木卓夫
トヨタファイナンシャルサービス社長
2013年 - 2015年
次代:
犬塚力
先代:
豊田周平
トヨタ紡織社長
2015年 - 2018年
次代:
沼毅
先代:
加藤宣明
中部実業団陸上競技連盟会長
2018年 -
次代:
(現職)