矢部史郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
矢部 史郎
本名 矢部 史郎
生誕 (1971-06-16) 1971年6月16日(45歳)
日本の旗 日本 東京都北区
職業 思想家
活動期間 2001年 -
ジャンル 現代思想哲学文学評論
代表作 『無産大衆神髄』
『愛と暴力の現代思想』
『原子力都市』
テンプレートを表示

矢部史郎(やぶ しろう、1971年6月16日 - )は、日本の思想家政治活動家愛知県春日井市在住。

その思考は、フェリックス・ガタリジル・ドゥルーズアントニオ・ネグリパオロ・ヴィルノなど、フランス・イタリアの現代思想を基礎にしている。

1990年代よりネオリベラリズム批判、管理社会批判を山の手緑らと行っている。ナショナリズム男性中心主義への批判、大学問題なども論じている。ミニコミの編集・執筆などを経て,1990年代後半より、「現代思想」(青土社)、「文藝」(河出書房新社)などの思想誌・文芸誌などで執筆活動を行う。2006年には思想誌「VOL」(以文社)編集委員として同誌を立ち上げた。

また、さまざまな社会運動にも関与しており、イラク戦争などにおける反戦運動(例えば渋谷でのレイブデモなど)、落書きでの被逮捕者(公共物へ落書きをして逮捕された)への支援、2008年洞爺湖サミットへの抵抗行動などを積極的に行っている。

略歴[編集]

1989年愛知県立旭丘高等学校中途退学

高校を退学後、とび職工員書店員バーテンなど職を転々としながら、独特の視点と文体で執筆活動を続ける

2009年に在日特権を許さない市民の会のカウンターを行い、在特会の横断幕を実力で奪い取り逮捕される[1]

著作[編集]

著書[編集]

  • 無産大衆神髄(山の手緑との共著 河出書房新社2001年
  • 愛と暴力の現代思想(山の手緑との共著 青土社2006年
  • 原子力都市(以文社2010年
  • 3・12の思想(以文社、2012年3月)
  • 放射能を食えというならそんな社会はいらない、ゼロベクレル派宣言(新評論、2012年6月)

編著[編集]

  • VOL Lexicon(白石嘉治、矢部史郎 以文社、2009年

脚注[編集]

外部リンク[編集]