相田洋 (中国研究者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

相田 洋(そうだ ひろし、1941年5月16日[1] - )は、日本の中国研究者、福岡教育大学名誉教授。

中華民国河北省張家口市生まれ。1964年熊本大学法文学部卒、1973年東京教育大学大学院博士課程満期退学、福岡教育大学講師、1975年助教授、1983年教授、2001年定年退官、名誉教授、青山学院大学教授。2012年退職[2]

著書[編集]

  • 『中国中世の民衆文化 呪術・規範・反乱』中国書店 1994
  • 『異人と市 境界の中国古代史』研文出版 1997
  • 『橋と異人 境界の中国中世史』研文出版 2009
  • 『シナに魅せられた人々 シナ通列伝』研文出版(山本書店出版部) 2014
  • 『中国妖怪・鬼神図譜 清末の絵入雑誌『点石斎画報』で読む庶民の信仰と俗習』集広舎 2015

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年
  2. ^ researchmap