益富壽之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
益富 壽之助
生誕 (1901-06-03) 1901年6月3日
日本の旗 日本 京都府
死没 (1993-03-10) 1993年3月10日(91歳没)
居住 日本の旗 日本
研究分野 薬学鉱物学
主な受賞歴 紫綬褒章(1965年)
勲四等旭日小綬章(1993年)
プロジェクト:人物伝

益富 壽之助(ますとみ かずのすけ、1901年6月3日 - 1993年3月10日)は、日本の薬学者、鉱物学者。薬学博士京都大学)。京都府生まれ。

経歴[編集]

1920年京都薬学専門学校(現京都薬科大学)卒業。薬局経営とともに、京都薬科大学、立命館大学大阪大学講師を務めた。

1932年日本鉱物趣味の会(現日本地学研究会)を創設し、その代表となる。1973年、日本地学研究会館を設立、1993年には財団法人益富地学会館となる。正倉院石薬の調査・研究でも知られる。

1974年滋賀県で発見された新鉱物益富雲母(masutomilite)と命名された[1][2][3][4]

受賞歴[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]