益富城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
logo
益富城
福岡県
別名 大隈城
城郭構造 山城
天守構造 不明
築城主 大内盛見
築城年 永享年期(1429年 - 1441年
主な改修者 秋月種実(改築)、後藤基次(改築)
主な城主 大内氏杉忠重秋月氏早川長政後藤基次母里友信
廃城年 元和元年(1615年
遺構 搦手門(移築)、石垣、堀、曲輪
指定文化財 なし
位置 北緯33度32分47秒
東経130度45分9.3秒

益富城(ますとみじょう)とは、福岡県嘉麻市中益にあった日本の城である。

歴史[編集]

永享年代、九州征伐の際に大内盛見が築城したといわれている。その後は日田街道長崎街道を結ぶ町交通の要衝である大隈に築城された当城は争奪戦の的となり、永禄期(1560年頃)には毛利元就が領有し、城番に杉忠重を置いた。戦国時代末期には、古処山城を本拠とする秋月氏の支城の一つとなった。

安土桃山時代豊臣秀吉による九州の役天正14年(1586年)- 天正15年(1587年))で秋月氏が敗れた後は早川長政が城番となったが、早川氏は関ヶ原の戦いで西軍についたため、領地を召し上げられた。その後は関ヶ原の戦いの功績により筑前国一国を与えられた黒田氏筑前六端城(ちくぜんろくはじろ)の一つとして位置づけ、家臣を居城させた。一時後藤基次が城主を務めたが、慶長11年(1606年)に基次が出奔した後、六端城の一つであった筑前国鷹取城より母里太兵衛が移されたが、 元和元年(1615年)に発布された一国一城令により、他の六端城とともに廃城とされた。

エピソード[編集]

豊臣軍が九州征伐で秋月氏が守る岩石城をわずか1日で陥落させたことにより、秋月氏は当城を破却して本拠の古処山城へ退却した。が、翌日の夜、古処山城から見下ろした大隈は火の海であった。そのうえ夜が明けると益富城は見事に修復されていた(一夜城ともいう。岐阜県の美濃攻めの一夜城とは違う)。実際は火の海にもなっておらず、村人が一斉に篝火を焚かせたものであり、城も村人の障子などを貼ったものであった。さらに、益富城に十分な水が溜まっているように見せかけるために白米を滝の如く流させたという話が残っている。(流した跡も残っている)

これに騙された秋月氏は戦意喪失し、降伏した。なお、この作戦に協力した村人に豊臣秀吉は陣羽織を与え、永世貢税を免除した。(華文刺縫陣羽織・昭和35年(1960年)に国の重要文化財指定、上町区・五日町区・三日町区が所有。保管は嘉麻市嘉穂庁舎)

関連項目[編集]