白山社 (飯田市上飯田)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
白山社里宮
長野県飯田市にある白山社の参道です。
所在地 長野県飯田市滝の沢6684[1][注 1]
位置 北緯35度31分31秒
東経137度48分29秒
主祭神 伊弉冉尊菊理比売命大己貴命
社格 県社
創建 養老2年(718年
テンプレートを表示
白山社奥宮
Hakusansha01.jpg
所在地 長野県飯田市上飯田7000[4]
位置 北緯35度32分57秒
東経137度47分16秒
主祭神 伊弉冉尊菊理比売命大己貴命
社格 県社
創建 養老2年(718年
テンプレートを表示

白山社(はくさんしゃ)は、長野県飯田市風越山に所在する神社旧社格県社である。

由緒[編集]

718年(養老2年)9月9日に越前麻生津の泰澄大師が加賀白山神社から勧請した[5][6]白山の修験者、いわゆる山伏によって伝播したとも考えられている[7]。白山社は風越山の飯田市側のほぼ全域を占める広大な地域にわたり、白山本社と称される山頂の奥宮と東山麓の里宮に分かれる[5]。また、飯田市白山町には遥拝所がある。明治時代初期までは神仏融合の寺社であり、白山妙理大権現と別当天台宗岩戸山白山寺から成り、御朱印十国を得ていたが、1869年明治2年)の廃仏毀釈により白山寺は廃寺となった[5]

白山社は古くから在郷の武将の信仰を集め、『白山寺記』によれば、1182年から1183年(寿永年間)に源義仲が挙兵にあたって戦勝祈願を行っている[6]1187年文治3年)から1592年から1593年(天正年間)頃にかけては、坂西氏をはじめ歴代の飯田城主は神社保護の制札を掲げて土地の寄進や社殿等の造営や再興を支援した[6]

1934年昭和9年)10月4日、県社に昇格した[6]

境内[編集]

1790年寛政2年)に寺社奉行に提出された「白山寺自領絵図」には、里宮の仁王門の内側に本地堂、持仏堂、書院などを備えた白山寺が描かれている[5]。裏門から奥宮に至る路沿いには、峯薬師堂と五重塔、不動堂と三重塔、石灯籠、虚空蔵堂、矢立木、八幡社、鳥居、名号石が連なり、山頂の奥宮には随神門、絵馬堂、休所、供所、白山本社(奥宮)、諏訪宮、稲荷堂がある。さらに奥の院に、奥院、狗賓堂、小社などが描かれており、「矢立木より上を神の領域」、「虚空蔵堂より下を仏の領域」とされていたことが見受けられる[5]

里宮・参道[編集]

廃仏毀釈により現在里宮に残る建造物は多くないが、本殿・拝殿・婚嫁殿・薬師堂・絵馬堂・随身門等が境内に残る[8]

随身門[編集]

1985年(昭和60年)11月20日に飯田市有形文化財指定を受け、1828年文政11年)再建と推定されている間口7メートル、奥行4メートル、高さ11メートルの総造、入母屋造唐破風をもつ三間楼門[9]。白山寺の堂宇の多くは廃仏毀釈により壊されたが旧仁王門が隋身門として残された[10]

唐破風を付けた上層に飯田藩十一代藩主堀親義が1858年安政5年)に奉献した「翠濤閣」の扁額がかかる。神門の両脇には左向かってに矢大神、右に左大神が奉られ、上層には天人や魚に乗った人、麒麟、象、松に鶴など、通路天井部分には十二支が刻まれている[11]

拝殿[編集]

1733年享保18年)建立の白山寺地堂(護摩堂)が拝殿に転用され残っている。大工棟梁宮下半助が和様に禅宗様の技法を取り入れた建物である[12]

本殿[編集]

本殿は、諏訪大社上社本宮の宝殿を移築したものである[12]

奥宮[編集]

国の重要文化財に指定されている奥宮の奥社本殿は1509年永正6年)の建築とされる[5]。 奥社は里宮からの参道標高差、900メートルを登った風越山(標高1,535メートル)の標高約1,460メートルの平坦地に建立されている。

本殿[編集]

奥社本殿は、三間社流造、こけら葺き。1509年永正6年)の建立である[13]室町時代の造営以来、1590年天正20年)、1926年寛永3年)、1669年寛文9年)、1688年貞享5年)、1704年宝永元年)、1731年(享保16年)、1806年(文化3年)、1766年明和3年)、1838年(天保9年)、1901年(明治34年)などに大小補修を受けている。1934年(昭和9年)1月30日に国の重要文化財に指定され1925年(昭和14年)7月20日~1926年(昭和15年)5月31日には根本的な修理工事が行われた[14]1974年(昭和49年)には屋根こけら葺の全面葺き替えと箱棟の銅板包み直しを行い、近年では2004年(平成16年)・2005年(平成17年)度に屋根葺き替え、腐朽した土台・柱根等の木部補修、扉絵の保存修復などが行われた[12]

幣殿・拝殿[編集]

1731年(享保16年)に建立された本殿に繋がる建物。大工棟梁は北方村(飯田市北方)の宮下半助である。

随身門[編集]

1775年(安永4年)に建立されたと推定される。

祭神[編集]

例祭[編集]

  • 1月1日 元旦祭 
  • 1月15日 達磨祭
  • 2月3日 節分祭
  • 4月29日 春季祈年祭
  • 7月1日 大祓祭
  • 9月1日 風神祭・茅の輪
  • 10月1日 開山祭
  • 10月9日 初九日祭
  • 10月19日 秋季例大祭(湯立神事・どぶろく祭)
  • 10月29日 閉山祭
  • 11月19日 新嘗祭
  • 12月19日 大祓祭

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 長野県神社庁「神社紹介」には「飯田市上飯田6684」(引用)とある[2]。なお、滝の沢は1984年(昭和59年)に上飯田から分離し、成立した[3]

出典[編集]

  1. ^ 文化財保護いいだ 地区別で探す”. 飯田市 (2017年12月14日). 2018年10月7日閲覧。
  2. ^ 神社紹介 飯伊支部”. 長野県神社庁. 2018年10月7日閲覧。
  3. ^ 『角川日本地名大辞典 20 長野県』686ページ。
  4. ^ 文化財保護いいだ 白山社奥社本殿”. 飯田市 (2015年10月15日). 2018年10月7日閲覧。
  5. ^ a b c d e f 『飯田・上飯田の民俗2』 飯田市美術博物館、2018年、104頁。
  6. ^ a b c d 村沢武夫「権現山白山社」白山社社務所
  7. ^ 風越山を愛する会 (2016年5月21日). “風越山物語 連載18”. 南信州新聞: p. 3 
  8. ^ 飯田市歴史研究所『飯田・上飯田の歴史上』飯田市教育委員会、2012年p.62
  9. ^ 『長野県の文化財ー長野県文化財総目録』長野県教育委員会(監修)、公益財団法人八十二文化財団 2016年4月p.277
  10. ^ 丸山誌編集委員会『飯田市 丸山誌』丸山誌刊行委員会、2000年pp.294-296
  11. ^ 大澤和夫「白山寺・白山神社」、『伊那』第36巻第10号、1988年10月、4頁
  12. ^ a b c 『平成16・17年度白山社奥社保存修理工事報告書』白山社奥社保存修理委員会・長野県飯田市教育委員会、2007年3月、6-11頁
  13. ^ 白山社奥社本殿(公益財団法人八十二文化財団、2018年10月13日閲覧)
  14. ^ 『国寶白山社奥社本殿修理工事報告書』)、国寶白山社奥社本殿修理事務所、1940年6月p.2

参考文献[編集]

  • 風越山を愛する会 (2016年5月21日). “風越山物語 連載18”. 南信州新聞: p. 3
  • 村沢武夫「権現山白山社」白山社社務所
  • 「伊那谷地名講座 第6回 飯田の地名と白山信仰」飯田市立中央図書館
  • 『伊那』1983年12月号、伊那史学会
  • 大澤和夫「白山寺・白山神社」、『伊那』第36巻第10号、1988年10月
  • 『國寶白山社奥社本殿修理工事報告書』國寶白山社奥社本殿修理事務所、1940年
  • 飯田市歴史研究所『飯田・上飯田の歴史 上』飯田市教育委員会、2012年
  • 『カミとホトケの交渉史-廃仏毀釈の爪痕ー』飯田市美術博物館、2013年
  • 飯田市美術博物館 『飯田・上伊那の民族2』 秀文社、2018年、104-108頁。
  • 『国寶白山社奥社本殿修理工事報告書』、国寶白山社奥社本殿修理事務所、1940年6月
  • 『平成16・17年度白山社奥社保存修理工事報告書』白山社奥社保存修理委員会・長野県飯田市教育委員会、2007年3月
  • 丸山誌編集委員会『飯田市 丸山誌』丸山誌刊行委員会、2000年
  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会・竹内理三編『角川日本地名大辞典 20 長野県』角川書店、1990年7月18日。ISBN 4040012003

関連項目[編集]