異世界迷宮の最深部を目指そう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
異世界迷宮の最深部を目指そう
ジャンル ヒューマンドラマ
小説
著者 割内タリサ
イラスト 鵜飼沙樹
出版社 オーバーラップ
掲載サイト 小説家になろう
レーベル オーバーラップ文庫
連載期間 2012年10月19日 -
刊行期間 2014年7月25日 -
巻数 既刊11巻(2018年8月現在)
テンプレート - ノート
プロジェクト ライトノベル
ポータル 文学

異世界迷宮の最深部を目指そう』(いせかいめいきゅうのさいしんぶをめざそう)は、割内タリサによる日本web小説ライトノベル。イラストは鵜飼沙樹が担当している。略称はいぶそう

概要[編集]

小説投稿サイト『小説家になろう』にて2012年10月19日より連載開始。オーバーラップ文庫(オーバーラップ)より書籍化され、2014年7月25日より順次刊行されている。

あらすじ[編集]

千年前の異世界では、後に迷宮の守護者となる『理を盗むもの』達や三人の『使徒』、二人の『異邦人』らを中心に、神話の戦いが繰り広げられていた。 新暦0000年、異世界に召喚された相川渦波は、共に召喚された妹相川陽滝の病を治す為に『使徒』シスと弟子のティアラ・フーズヤーズを連れて旅をしていた。 しかし、シスの提案した治療法が失敗し、陽滝は『化け物』と化した末に死んでしまう。 絶望した渦波は復讐に走り、大陸の『南北境界戦争』の『北』側について、『南』を味方とするシスを殺そうとした。 その戦いの末、末期の『世界奉還陣』の戦場で『聖人』ティアラに説得された渦波は、ティアラが陽滝の魂の『魔石化』に成功したと知って希望を取り戻す。 その後、渦波は生き残ったティアラと共に千年後の陽滝の復活を目指して『迷宮』の計画を立てるが、裏切った『使徒』レガシィによって記憶の継承を妨害されてしまった。

新暦1013年、千年前の記憶を失った相川渦波は暗い回廊で目を覚まし、魔物や人間に殺されかけたが、未完成のスキル『???』の暴走により間一髪難を逃れる。 ラスティアラ・フーズヤーズに助けられて地上に出た渦波は、この世界が異世界であり、先ほどまでいた場所が迷宮ダンジョン)』であることを知る。そして、元の世界に待つ筈の妹の元に帰るべく、ジークフリート・ヴィジターという偽名を名乗って迷宮の探索を開始する。

その後渦波は、ラスティアラ、ディアブロ・シスマリアスノウ・ウォーカーといった才能ある少女たちを仲間に加え、迷宮に待つ『守護者(ガーディアン)』たちの『試練』を通して過去の因縁や罪と向き合い精算しながら、『最深部』へと進んでいく。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

相川 渦波(アイカワ・カナミ) / ジークフリート・ヴィジター(web版ではキリスト・ユーラシア)
黒髪黒目の少年。16歳で異世界に召喚され、以降は不老。『次元の理を盗むもの』の力を持つ。
臆病で優柔不断で情けない性格。優しく、お人好しで、情の移った相手を見捨てられない[1]
基本的に妹である陽滝のために生きており、当初は妹が待つ元の世界に帰ることを、千年前の概略を思い出してからは妹を取り戻して目覚めさせることを目的に行動している。また、ラスティアラを異性として好いており、『帰るのを手伝ってもらう代わりに、彼女の物語の『主人公』になる』という契約を交わしている。
優秀な感知魔法を軸に冷気の操作や豊富なスキルなどを活かして戦う、次元と氷結の魔法使い。『素質』が異様に高い為、レベルと比べ非常に高い『ステータス』を持ち、特に『魔力』の数値が高い。千年後の彼は妹の身体を使っており、自身の『次元魔法』の他、妹の『剣術』『氷結魔法』『並列思考』の才能を持つ。次元魔法による観察力を活かして他人の『スキル』を模倣して習得でき、これによって三十守護者ローウェンから世界最高の『剣術』を受け継いでいる。後に『世界奉還陣』の戦いで陽滝の魔石(魂)を失ったことで、妹のスキルは失われている。
千年前の自身が開発した、自分や他人の『ステータス』や『スキル』などの数値・名称が視える『表示』[2]、異空間に物品を出し入れできる『持ち物』、仲間たちに『経験値』が自動分配される『パーティー』といった『システム』の恩恵を受けている。
本名を使うのが怖いといった理由から、迷宮に召喚された当初はジークフリート・ヴィジターと名乗っていた[3]。後に、『アイカワカナミ・ジークフリート・ヴィジター(キリスト・ユーラシア)・ヴァルトフーズヤーズ・フォン・ウォーカー』として知られる。
千年前に異世界に召喚された後、当時の記憶を失った状態で千年後の『迷宮』に再召喚された。
聖誕祭の日に敗北した後、パリンクロンによって記憶を改竄されて、陽滝ではなくマリアのことを実の妹と認識するようにされてしまった。またその際、パリンクロンによってギルド『エピックシーカー』のギルドマスターに入団初日に任命されてしまっている。
だが、その後自身の置かれる状況に疑問を持ち、『舞闘大会』で精神魔法の要となっていた『腕輪』をラスティアラに激闘の末に破壊してもらうことで迷宮召喚から聖誕祭までの本来の記憶を取り戻した。
始祖カナミ
千年前の相川渦波。『次元の理を盗むもの』。黒い仮面を着用していた。
難病を患っていた妹陽滝と共に異世界に召喚され、使徒シスや聖人ティアラと共に妹の病の治療を目的として世界を周り、陽滝に魔力を集めて《レベルアップ》させていた。
弟子の聖人ティアラと共に呪術や魔法や『ステータス』を開発しており、当時は『始祖』と呼ばれていた。しかし、千年後にその存在は伝わっておらず、伝承では『始祖』はティアラであるということになっている。
次元属性の強大な魔法使いで、大陸を覆える程の感知魔法や、空間を操って距離を操作する魔法、魂を引き抜く即死魔法などを使用する。また、非常に高い『ステータス』と、四十個以上もの大量のスキルを持つ。
ディアブロ・シス
  • 『素質』5.00
金髪青眼の中性的な少女[4]。愛称は『ディア』。本人は男と自称しているが、信じている人は少ない。
性格は一途で純真だが、幼少からの経験で価値観が捻じ曲がってしまっている[5]
剣の才能は皆無だが、剣に憧れを持っているため『クラス』は剣士で、接近戦を好む。カナミと共に迷宮の攻略を開始する。
後に片腕を守護者ティーダとの戦闘で失い、義手を着けるようになったが、剣士の道を諦めてはいない。
種族は『使徒』。背中にごく小さい羽があるが、飛べるわけではなく、普通の人間とほぼ変わらない[6]
『ステータス』は『魔力』に特化しており、神聖魔法を得意としている他、火炎魔法の《フレイムアロー》もよく用いる。
ラスティアラ・フーズヤーズ
  • 『素質』4.00
白銀色の髪の美しい少女[7]。黄金色の瞳[8]。3歳(肉体年齢は16歳)。
前向きで享楽主義な、危なっかしい性格。
カナミとは原理や表記が違うが、他者のステータスを視られるスキル『擬神の目』を持っている。
身体能力に特化しており、武器・素手・魔法のどれでも強い万能な騎士。基本的な魔法を全て血に記録していることもあって、新しく魔法を覚える余地がないのが弱点。[9]
正体は、フーズヤーズの上層部によって生み出された『魔石人間(ジュエルクルス)』であり、『聖人』ティアラを再誕させる器として作られた存在。聖誕祭の儀式までは、血肉にまで染み渡った多くの魔法に縛られていた。
マリア(マリア・ディストラス[注 3]
黒髪黒目の少女[10]
寂しがり屋で甘えたがりで見栄張りな性格[11]
ファニアの辺境に住んでいた、黒髪黒目の一族ディストラスの末裔。故郷の村が戦によって滅んだことによって奴隷市場に売られていたが、そこを偶然にも立ち寄ったカナミによって買われて救われている。カナミの役に立ちたいがために率先して家事をしている。
聖誕祭の日に『火の理を盗むもの』の『試練』を乗り越え、心身ともに大きく成長した。
先天スキルとして、物事の本質が見えてしまうスキル『炯眼』を持つ[12]。アルティから火炎魔法を伝授してもらっており、後にそのアルティと同化して力を受け継いでいる。
カナミとの戦闘後に『炯眼』を捨てるために自ら両目を抉り出して、義眼になっている[13]。アルティとの同化後は、炎で周囲の情報を収集できるようになった。
パリンクロンによって記憶を改竄されている間は、カナミの妹として異世界から来たと思い込まされていた。
スノウ・ウォーカー
  • 『素質』2.62
海のさざなみのような長い青髪を靡かせた竜人の少女[14]
ギルド『エピックシーカー』のサブマスターの1人。年齢はカナミと同じ16歳。
過去のトラウマから自分で選択することと本気になることを恐れており[15]、少しでも自分が楽をしたい性格の持ち主。『本当の英雄』を求めている。
『四大貴族』の一つであるウォーカー家の養子で、『最強』グレンの義妹。名誉を獲得することを義母から強制されている。政略結婚をするように言われているものの、本人は乗り気ではなくなんとかして回避したいと思っている。
得意魔法は振動魔法と古代魔法。『すがりつく』性質の魔力を持つ[16]。人間と根本的な身体構造が違う『竜人』であり、環境への適応力が高く、振動魔法の専門家であることも相まって水中戦を非常に得意とする[17]。また、血が濃いため『竜化』が可能であり、その力は『ステータス』の差を覆す程。
新暦1013年時点では世界で唯一の『竜化』可能な竜人で、本来は義兄のグレンではなく彼女が『最強』の称号を持つ[18]。だが、重責に耐えかねた彼女はその称号などをグレンに押し付けている[19]
リーパー(『影慕う死神(グリム・リム・リーパー)』)
黒髪の少女の姿をした魔法。1歳(外見年齢は7〜8歳)。ローウェンとは親友。
同名の童話の死神をモデルとされており、『呪い』によって視認されている間は実体が無くなる。闇属性と次元属性の魔法を使う。魔力や記憶・感情をやり取りできる『繋がり』を作る能力を持ち、大人数から魔力を搾取することで無限に近い魔力供給を得ることも可能。
千年前、『北』についていた頃の始祖カナミによって、『南』の三騎士の一人だったローウェンを殺すために創られた。
30層に足を踏み入れたカナミの前に、ローウェンとともに出現しており、ローウェンを殺すための魔力を得るべく、一方的にカナミと契約をしている。
後にローウェンの死によって『呪い』は解かれ、実体が無くなる力は失われている。
ライナー・ヘルヴィルシャイン
『四大貴族』の一つ、ヘルヴィルシャイン家の拾われ子。フランリューレとハインの義弟。
卑屈で自己評価が低く、自己犠牲に走りがち。
風魔法と双剣で戦う騎士。自傷を厭わず特攻する戦い方を得意とする。カナミたちと関わっていく中で、守護者のローウェン・アイド・ティティーらにスキルや魔法を教わり、『世界奉還陣』に溶かされたワイスからハインの魂を受け継いで『ステータス』『素質』を大きく向上させ、ヒロインたちに匹敵する仲間へと成長した。迷宮66層裏でのノスフィー戦で、詳細不明の『みんな』の力を借りる風の腕《ヘルヴィルシャイン・二重奏剣》に覚醒する。
エルトラリュー学院に通っており、試験で迷宮を訪れた際にカナミに命を救われている。
聖誕祭の後、三名の欠員が出た『天上の七騎士』に序列七位で数合わせとして入る。フェーデルトに唆されたことで、ハインの復讐の為にカナミ・ラスティアラ・パリンクロンの命を狙う。しかし、『舞闘大会』や『本土』でのローウェンやワイスとの交流を経て復讐心は薄れていき、最終的に『世界奉還陣』の戦いでワイスからハインの魂を受け継いだことで、義兄の意思を継いでカナミとラスティアラを守ることを誓う。

天上の七騎士(セレスティアル・ナイツ)[編集]

『再誕』する聖人ティアラのため、予言に従ってフーズヤーズ国が用意した七人の人類最高峰の騎士たち。
ペルシオナ・クエイガー
  • 『素質』1.56
『天上の七騎士』総長。序列一位。
女性。戦闘の際には全身に黒い鎧を身に着けるため、兜によって顔が見えなければ、低い声のせいで男性だと思われることもある。
ハイン・ヘルヴィルシャイン
  • 『素質』1.98
『天上の七騎士』の一人。序列二位。
金髪[20]の美丈夫の男性。
十八歳の頃には現在の地位に上り詰めていた。ラスティアラの教育係 [21]
ラスティアラに自発的に『再誕』の儀式を拒否させてその命を救うべく、カナミとラスティアラに恋をさせようと目論んでいた。
聖誕祭の日、ラスティアラたちを逃がすためにパリンクロンと戦い、命を落としている。その首はパリンクロンによってカナミの眼前に突き付けられ、カナミの精神を追い詰めた。
その遺体はワイスの主な『材料』として使われ、『再誕』を拒否したハインはワイスに身体を譲って身を引いた。その魂は、後にワイスから義弟のライナーへと受け継がれる。
モネ・ヴィンチ
『天上の七騎士』副総長。序列三位。
ハインの魔法の師匠。魔法に特化した騎士だと思われる。
苦労性のお父さん的な騎士[22]
セラ・レイディアント
  • 『素質』1.57
『天上の七騎士』の一人。序列四位。
青っぽい銀髪の獣人の女性[23]
可愛い女の子を好む。『異邦人』であるカナミに近いモラルを持っており、騎士の中では潔癖症と言われていた[24]
斬り上げを主体とする独自の剣術の使い手。『獣化』で狼に変身することができ、常獣離れした速さを持つ上、他人を背中に乗せることができる。
聖誕祭の際に『天上の七騎士』を抜け、ラスティアラの騎士として彼女の逃亡に手を貸しており、その後も行動を共にしている。
ラグネ・カイクヲラ
  • 『素質』1.12
『天上の七騎士』の一人。序列五位。
茶髪のショートカットの若い少女の騎士[25]で、「〜っす」口調。
『数値に表れない数値』に特化した騎士。『魔力物質化』の鋭い刃を用いて戦い、先手を取って相手を圧倒する戦闘スタイルを得意としている。
カナミに対しては、迷宮二十層での決闘、フーズヤーズ大聖堂での追激戦で一方的に連敗している。『舞闘大会』ではカナミにラスティアラとセラを気遣う様子を見せ、試合前に八百長を行った。決勝戦直後、ローウェンの魔石に異常な執着を見せている。
技能や外見に、ローウェンとの若干の共通点が見られる。
ホープス・ジョークル
  • 『素質』1.12
『天上の七騎士』の一人。序列六位。
白髪混じりの騎士[26]
魔力を持たないため、魔法は一切使えない。防戦とカウンターに向いた剣術を使い、時間稼ぎを得意とする。
パリンクロン・レガシィ
『天上の七騎士』の一人。序列七位。
癖のある茶色の髪の男性[27]
胡散臭くろくでもないが、人を惹き付ける何かを持つ人物。
フーズヤーズ国の騎士であると同時に、ラウラヴィア国のギルド『エピックシーカー』のサブマスターの1人。実家はヴァルト国のレガシィ家。
禁じられた呪いの魔法、『呪術』を習得している騎士。大陸有数の感知魔法の専門家であり、精神魔法も得意とする。また、騎士として剣術を修得している他、類稀な『観察眼』の先天スキルを持ち、人間観察に長けている。
十年ほど前から千年前の使徒レガシィの記憶と力を持ち、レガシィの『始祖カナミともう一度遊びたい』という未練を果たさせる為に暗躍してきた[28]。彼自身の本当の願いはカナミに勝つことだが、レガシィの未練と表面上被っていたせいで気づけていなかった[29]
かつては非常にまともな性格で、人望もあり、決闘では負け知らずで『神童』と呼ばれていた。ハイン・グレン・レイルとは幼馴染[30]
後にティーダの魔石を飲み込んだことで、『闇の理を盗むもの』の力を手にし、『ステータス』『素質』が底上げされている。
フランリューレ・ヘルヴィルシャイン
『四大貴族』の一つ、ヘルヴィルシャイン家の七女。ハインの妹。長い金髪をツインテールにした少女[31]で、「〜ですわ」口調。
風魔法と双剣を使う騎士。ペルシオナ・ラグネとの連携では砲台役だった。体術の心得もある。
エルトラリュー学院に通っており、試験でパーティーのリーダーとして迷宮を訪れた際にカナミに窮地を救われて惚れているが、当のカナミには苦手意識を持たれている。
聖誕祭の後、三名の欠員が出た『天上の七騎士』に、序列六位で数合わせとして入る。
『舞闘大会』一日目の夜、ディアの友人になった。
ライナー・ヘルヴィルシャイン

フーズヤーズ国[編集]

ティアラ・フーズヤーズ
レヴァン教で信仰されている『聖人』。『始祖』とも呼ばれる。魔法を創り上げたとされる人物。自身の『再誕』を含む『予言』を残している。
レヴァン教の伝承では、正義の使徒シスと組んで『南』の人類を統一し、『北』の『狂王』や使徒ディプラクラと戦ったとされる。
カナミの千年前の記憶では、始祖カナミの弟子だった。神聖魔法と鮮血魔法を得意としていた模様。
千年後の時代に『再誕』するため、自身の人格を術式として血に残し、フーズヤーズ大聖堂に保管させている。
フェーデルト・リオアス
連合国フーズヤーズの宰相代理。濁った目をした壮年の男。
手段を選ばない気質だが、国への忠誠だけは誰にも負けない人物。
聖誕祭の『再誕』の儀式の主催者。

ギルド『エピックシーカー』[編集]

ラウラヴィア国に属する『英雄を捜すギルド』。かつて、当時の『最強』ウィル・ウォーカーによって設立された。面接を担ったサブマスターのパリンクロンによって、変人揃いの歪な集団となっている。
スノウ・ウォーカー
パリンクロン・レガシィ
Template:パリンクロン・レガシィ
レイル・センクス
  • 『素質』1.09
『エピックシーカー』のサブマスター[32]の男性。パリンクロンの幼馴染の一人。
カナミのことを心の底から心配しており、カナミ・マリアを幸せにする為にパリンクロンによるカナミの記憶改竄に協力している。
ウィル・ウォーカー(ウィル・リンカー)
故人。グレンから数えて先々代の『最強』。ギルド『エピックシーカー』の設立者[33]
『四大貴族』の一つであるウォーカー家の養子で、スノウ・グレンの義兄にあたる。
『本当の英雄』を捜し求めており、義妹のスノウに期待していた。
数年前、スノウ・グレン・パリンクロンらと共に迷宮の20層に踏み入った際、召喚された守護者ティーダからスノウを庇って死亡している。

四大貴族[編集]

グレン・ウォーカー
  • 『素質』2.19
『最強』の英雄。赤銅の髪の男性[34]
『四大貴族』の一つであるウォーカー家の養子。
スノウの義兄であるが、妹であるスノウをさん付けで呼んでいる。
『最強』の称号は伊達ではなく、『天上の七騎士』に囲まれても圧倒するなど対人戦に特化している。一方、守護者に対してはトラウマがあり、モンスターとの戦闘は不可能。
柄に紐を付けた複数の短刀を投げ、自在に操って戦う。さらに、道具や地魔法をも絡ませることで、非常に幅広い戦術を有する。勘が非常に鋭い。
『舞闘大会』で『最強』の称号を譲り渡した後は、古巣である『エピックシーカー』の末席に名を連ねている。
フェンリル・アレイス
『剣聖』と呼ばれる初老の男性。60近い年齢[35]
『四大貴族』の一つ、アレイス家の十九代目当主[36]
普段は見世物用の丁寧な剣術を使っているが、その本領は邪道の暗殺剣。
ディアのことを目にかけており、可愛がっている。
エルミラード・シッダルク
  • 『素質』1.67
『四大貴族』の一つ、シッダルク家の嫡男。肩まで伸びた金髪を無雑作に流した、切れ長の目の男。
スノウの婚約者であり、カナミをライバル視している。
ラウラヴィア国の主力ギルド『スプリーム』のリーダーであり、エルトラリュー学院の主席騎士。
魔法寄りの騎士。柔軟な剣技と高速魔法が一体化しており、全ての動きが無駄なく連動しているのが強み。

探索者[編集]

ワイス・ハイリプローペ(web版ではハイリ・ワイスプローペ[注 7]
  • 『素質』3.25
白い髪を後ろに垂らした、病人のように痩せこけた白い肌の少女。
パリンクロンがハインの再誕を目指して作った『魔石人間』。しかし、足りない血をカナミのもので補おうとしたことで性別が女性に引っ張られ[注 8]、失敗してしまった。失敗作であることもあって、その寿命は非常に短い。また、『材料』となった人物たちの記憶と能力の一部を継承している。
ハインと同じく双剣を武器とし、戦闘では風魔法を主に用いる他、カナミには大きく劣るものの次元魔法も習得している。
記憶の中の騎士ハインを尊敬しており、友の為に生きるという生き方と『生まれ』と『運命』に翻弄される人達を救いたいという想いを継承している。
パリンクロンに捨てられた後、親友のシアと共に迷宮探索を開始。カナミたちが『舞闘大会』に注力している間に四十層に到達し、召喚した守護者アイドをパーティーに加えていた。
パリンクロンに挑み、『世界奉還陣』に溶かされて死亡。その際、《魔力変換 / レベルアップ》の儀式魔法でハインの魂をライナーに託している。
シア・レガシィ
  • 『素質』0.46
栗色の長髪の明るい少女。ワイスやライナーのパーティーのリーダーをしている。
パリンクロンの姪だが、胡散臭い彼とは違って明るく純真。むしろ、年齢の割に異様に幼く感じられる程。
『ステータス』が異常な程低く、スキルも一切無い為、迷宮探索には明らかに向いていない。しかし、パリンクロンによると『数値に現れない数値』があるらしい。
十年ほど前、レガシィ家の使命に従って、千年前の『使徒』レガシィの『再誕』の器にされ、人格を徐々に侵食されていた。しかし、熱血漢だった若き日のパリンクロンによって使徒の力の全てを奪われ、弱く純真なままとなった。

守護者(ガーディアン)[編集]

十守護者『火の理を盗むもの』 アルティ
  • 『素質』2.61
女性。赤髪の少女の姿をした守護者で、首から下が火となっている[37]。混じりモンスターはフレイムエレメントフェアリー。
自身の『未練』は恋を成就させることであると語り[38]、マリアの悲恋を叶えることで自身の悲恋を叶えようとした。本当の『未練』は『何も伝えられなかったこと』。
火炎魔法を極めた魔法使い。接近戦は得意としていない。マリアと同じスキル『炯眼』を持つ。
マリアとディアに得意の火炎魔法を教えている。消滅後、魔石となってマリアと同化している。
二十守護者『闇の理を盗むもの』 ティーダ・ランズ
男性。黒い影、液体ともとれる姿をした守護者[39]。混じりモンスターはシャドウスライム。
闇属性の精神魔法が得意[40]。不定形な流体の身体を持ち、不死身に近い。
カナミとディアとの激闘の末、『未練』[注 9]を解消して倒される。魔石はディアの治療費としてヴァルトに売り払われた後、パリンクロンの手に渡って同化した。
後に魔石はパリンクロンとの同化が解け、周囲に展開されていた『世界奉還陣』に呑み込まれた。
生前は千年前のフーズヤーズの『三騎士』の1人。当時の愛剣は『ルフ・ブリンガー』。
三十守護者『地の理を盗むもの』 ローウェン・アレイス
男性。くすんだ栗色の髪を垂らした、疲れた目をした青年。混じりモンスターはアラクネガーゴイル。
生前はアレイス家の3代目当主として戦争に参加していた。リーパーとともに『世界奉還陣』に飲み込まれて千年後に跳ばされてしまい、三十層の守護者となっている。
『英雄』になり、『栄光』を手にすることが自身の『未練』であると勘違いし、『舞闘大会』でカナミを打ち破っての優勝を目指す。本当の『未練』は複数あったが、最後に残ったのは親友であるリーパーそのもの。
『理を盗むもの』でありながら魔法を好まず、自身が幼少から鍛え上げた世界最高の『剣術』で戦う。『魔力物質化』で剣を伸ばして遠距離にも対応する他、スキル『感応』によって化け物じみた勘の良さを持つ。
生前は千年前のフーズヤーズの『三騎士』の1人。『アレイス家の宝剣』は彼の生前の愛剣である。消滅後、彼の魔石は剣の鍔にはまり、『アレイス家の宝剣ローウェン』となった。
四十守護者『木の理を盗むもの』 アイド
白い長髪の背の高い男性[41]。白衣を纏い、眼鏡をかけている。混じりモンスターはホワイトツリーフォーク。
千年前の北の国では宰相を務めていた。ロードの義理の弟。『魔人』で、種族は『樹人』。
回復魔法を得意としており自身の戦闘力は低い。そのため戦闘では後衛を務めているが、緊急の場合は小枝と身体能力強化の魔法で戦う[42]。戦いの才能こそ無いものの、地道な小細工が非常に得意。
守護者としての『未練』を、『統べる王』の帰還と大陸の平和であると考えている[43]
カナミとパリンクロンの決戦の決着後に、カナミの持つ魔石やティーダの魔石、陽滝を回収しようとしたが、ライナーによって妨害されたことで陽滝だけを回収して姿を眩ませた[44]
五十守護者『風の理を盗むもの』 ロード・ティティー
翠色の長髪の女性。髪を結ってポニーテールにしている[45]。翼が生えており、それを使い飛ぶことができる[46]。かつての北の国の『統べる王』。一人称は『わらわ』。『魔人』で、種族は『半鳥人』。混じりモンスターはデミワインドバード。
迷宮の66層の裏に存在する『向こう側』にて、千年前の『ヴィアイシア国』をそのまま再現された場所で生活している。
風属性の強大な魔法使いで、魔力制御に長けている。守護者最速。非常に高い身体能力を持ち、風の魔力で構成した銃剣で近距離にも遠距離にも対応する。
六十守護者『光の理を盗むもの』 ノスフィー・フーズヤーズ
長い黒髪の女性[注 10]。混じりモンスターはホーリーラミア。
千年前の『南連盟』の象徴である『御旗』。『魅了』の『呪い』を刻まれていたが、『世界奉還陣』に飲まれて死んだことで解除され、制御可能となっている。
高位の光魔法の使い手で、人間・モンスター・魔法の術式といった多様な存在と『話し合い』を行える。光の魔力を固めた旗を初めとして様々な武器の扱いにも精通し、鮮血魔法によって相川兄妹の能力を一部再現することも可能。その能力は対話と捕縛に向いており、拮抗した殺し合いは苦手としている。
七十守護者『血の理を盗むもの』 ファフナー・ヘルヴィルシャイン
千年前の『南』の『三騎士』の1人。愛剣は『ヘルヴィルシャイン家の聖双剣・双翼』。自傷を厭わない突撃を得意としていた狂戦士。
主のためなら、平気で主を裏切る性格の人物。
八十守護者『無の理を盗むもの』 セルドラ・クイーンフィリオン
蒼髪の竜人の男性。ロードとは生前の知り合いで親友。
九十守護者『■■の理を盗むもの』 ノイ・エル・リーベルール
百守護者『■の理を盗むもの』 ■■■■・■■■

使徒[編集]

詳細不明。レヴァン教の伝承では神の代行者にあたり、千年前に天から降臨して世界を平和に導こうとしたとされる。
シス
伝承では、『聖人』ティアラと組み、『南』の人類を統一して『北』と戦った正義の使徒。レヴァン教の主な信仰対象の一人。
カナミの千年前の記憶では、濃い金色の髪をなびかせた、中性的な顔立ちの大人の女性。始祖カナミと『契約』して『聖人』とし、カナミとティアラと三人で陽滝の病を治そうとしていたが、治療の失敗で陽滝が死んでしまったことでカナミと仲違いし、敵対関係となっていた。『世界奉還陣』の戦いで退場した模様。
千年後、充分な魔力を得たディアの身体を使って復活し、世界平和を成すべく行動を開始した。ディアとは身体を共有しており、主導権は基本的にシスが握っている。
独善的で、人の話を聞かない性格。感情の浮き沈みが激しく、お喋り。ディアに対しては好意的だが、向こうからは嫌われている。
ディプラクラ
伝承では、『北』の『狂王』と組み、『世界奉還陣』を起動して世界を滅ぼそうとした裏切りの使徒。
千年前、孤児院時代のティティーに『理を盗むもの』について説明したらしい。少なくとも『世界奉還陣』までには退場していた模様。シス曰く「観葉植物にしてやった」らしい。
千年後の所在は不明。
レガシィ
伝承には存在しない三人目の使徒。千年前の『世界奉還陣』の後まで生き残っていた。
千年後の状況を不安定にして『始祖カナミともう一度遊びたい』という未練を叶えるべく、迷宮完成直前にカナミを裏切って記憶の継承を妨害した。
千年後はパリンクロンの中にいたが、主導権はパリンクロンが握っていた。

元の世界[編集]

相川 陽滝(アイカワ・ヒタキ)
渦波の二歳年下の妹。何らかの病を抱えている模様。
渦波と同じく、千年前に異世界に召喚されていた。『水の理を盗むもの』。
千年前、病の治療に失敗して『化け物』と化した末に死んでしまう。その後、彼女の復活の為に始祖カナミと聖人ティアラが千年後の『迷宮』の計画を立てることになる。
千年後、ラスティアラが迷宮に入ったことで、魂が休眠した状態でレベル1で迷宮1層に召喚され、身体に入れられていたカナミの魂によって乗っ取られて行動を開始する。カナミの先天スキルにあった『剣術』と『氷結魔法』、後天スキルとして途中で増えた『並列思考』は彼女の才能。
後に、休眠したままの魂を抜かれて、入れられた始祖カナミの抜け殻の身体を無意識に乗っ取って『再誕』した。

用語[編集]

名前のない世界
物語の舞台となる世界[47]
相川渦波が迷宮に召喚されたのは新暦1013年。
本土 / 祖の生まれた地(ヴァレンシズ)
世界の中心扱いとなっている、最も豊かな大陸。
境界戦争
大陸の南北の連盟の間で長い間続いている、世界で最も規模の大きい戦争。その発端は千年前に遡る。
千年前は人間と魔人による種族間の戦争だったが、現在は領土や権益が主な原因となっている。
北連盟
『本土』大陸の北側の国々。千年前はヴィアイシア国が盟主だった。
南連盟
『本土』大陸の南側の国々。盟主はフーズヤーズ国で、最前線はヴァルト国。
開拓地 / 果ての地(リヴァーシズ)
東の大陸。千年前はこちらが栄えていたが、戦争の末に『世界奉還陣』によって滅んだ。当時の資源や遺跡やモンスターが残されており、中心部には『迷宮』が存在している。
迷宮連合国
『迷宮』を攻略し利益を得る為に『本土』の国々が作った、拠点となる派生国。
『南連盟』のフーズヤーズ、ヴァルト、ラウラヴィア、グリアードに、中立国からエルトラリューを加えた五カ国が参加している。
元の世界
渦波達が暮らしていた世界。21世紀の現代日本。
相川兄妹が異世界に召喚されたのは西暦2012年(新暦0000年)。
魔力 / 魔の毒
千年前は『魔の毒』と呼ばれていた。始祖カナミが『魔力』と名付け、千年後ではそちらの呼称が使われている。
『火』『水』『土』『木』『風』『光』『闇』『血』『無』『星』『次元』等の属性がある。
魔法
詠唱
『代償』を払い、魔法を『呪術』でブーストする技術。属性に合わせたものを選ぶ必要があり、選んだ属性によって払う『代償』の傾向も変わってくる[48]
一般的なものは詠んでいる時間を失っているだけだが、重いものになると精神に不可逆の変質をきたす。
呪術
何かを犠牲にして力に変える技術。
『魔法』と比べ多くの対価を必要とし、使い勝手が悪いとされる[49]
千年後の世界では禁術に指定されており廃れているが、その技術は言葉を変えて魔法のところどころに潜んでいる。
本当の『魔法』
術者の人生そのものを『詠唱』し、『代償』とした魔法。
ステータス / 変換結果
千年前に始祖カナミが開発し、広まったもの。魔力で構成されている。
『素質』
『ステータス』の能力値レベルごとの上昇幅に関係している数値。魂の純度。この数値自体は、基本的に変動しない。
一般人は1.00前後。2.00からは、何らかの異常が人体にある。
作中では、守護者の魔石との融合・分離によって上下が見られた。この際の数値の変動は単純な加算である模様。
ローウェンによると、『スキル』の習得にも関係しているらしい。
《レベルアップ / 魔力変換》
『魔力 / 魔の毒』を『変換結果 / ステータス』に換える儀式魔法。溜まった『経験値』を『レベル』に変換する為に使用されるのが一般的。
千年後の世界では『神聖魔法』に分類されているが、本来は『魔力 / 魔の毒』を犠牲にして力に変える『呪術』である。
クラス / 自己認識[50]
本人の自己認識によって自動で決定され、『ステータス』上昇の指向性に影響を与える。
『クラス』がない場合、『ステータス』の上昇は本来の向き不向きに沿って行われる。
獣人 / 魔人
『魔力 / 魔の毒』によって、モンスターに近づいてしまった人間。
千年前は『魔人』と呼ばれて迫害されていたが、ティアラのレヴァン教によって徐々に『獣人』という呼称が浸透し、差別は少なくなっていった。
血の濃い獣人は『獣化』が可能。
魔石人間(ジュエルクルス)
人肉と宝石・魔石をこねて創られた人造人間。後天スキルに『素体』を持つ。
理を盗むもの
千年前に複数存在した、盗んだ理の力を振るう不老の存在。
その力は『未練』の多さに比例しており、『未練』を完全に解消すると消滅する。逆に言えば、『未練』がある限り簡単には死ねない。身体と心のいずれかが死ぬことで、『半死体(ハーフモンスター)』という状態になる。
翼人種
詳細不明。『獣人 / 魔人』と違い、『魔力 / 魔の毒』で変化した訳ではないらしい[51]
千年前よりも遥か昔の伝説で語られていた存在。伝説では、『魔の毒』を操って火や風を起こしていたとされる。
迷宮
始祖カナミと聖人ティアラが相川陽滝を復活させる為に創り上げた巨大遺跡。『探索者を強くする』という目的に沿って作られている。
外観は、濁った宝石に飾られた巨木の根本に古びた建造物がくっついたもの[52]
守護者(ガーディアン)
『迷宮』の十層ごとに配置された、強力なボスモンスター。千年前の『理を盗むもの』たち。配置された階層に合わせて、制限された強さに固定されている。
担当の層に人間が初めて入ったとき、『異邦人召喚』の術式によって召喚される[53]
最深部
世界の『理』と『記憶』と『力』で満たされた、極めて広大な空間[54]
世界奉還陣
千年前の伝承で、大陸の生物の大半を飲みこんだ『魔法陣』。
生物の綻びから魔力を抜き取り、溶かしていく。『迷宮』と同系統の術式で、『最深部』と繋がっている。

書誌情報[編集]

割内タリサ(著)、鵜飼沙樹(イラスト)、オーバーラップ〈オーバーラップ文庫〉、既刊9冊(2017年9月現在)

異世界迷宮の最深部を目指そう
巻数 タイトル 発売日 ISBN
1 異世界迷宮の最深部を目指そう1 2014年7月25日 ISBN 978-4-906866-79-3
2 異世界迷宮の最深部を目指そう2 2014年10月25日 ISBN 978-4-86554-009-3
3 異世界迷宮の最深部を目指そう3 2015年2月25日 ISBN 978-4-86554-034-5
4 異世界迷宮の最深部を目指そう4 2015年7月25日 ISBN 978-4-86554-061-1
5 異世界迷宮の最深部を目指そう5 2015年10月25日 ISBN 978-4-86554-074-1
6 異世界迷宮の最深部を目指そう6 2016年1月25日 ISBN 978-4-86554-090-1
7 異世界迷宮の最深部を目指そう7 2016年7月25日 ISBN 978-4-86554-131-1
8 異世界迷宮の最深部を目指そう8 2016年11月25日 ISBN 978-4-86554-170-0
9 異世界迷宮の最深部を目指そう9 2017年9月25日 ISBN 978-4-86554-255-4
10 異世界迷宮の最深部を目指そう10 2018年3月25日 ISBN 978-4-86554-313-1
11 異世界迷宮の最深部を目指そう11 2018年8月25日 ISBN 978-4-86554-387-2

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 身体は陽滝、魔石はカナミと陽滝の二つある状態。
  2. ^ 陽滝の魔石分離後。
  3. ^ 『第十の試練』以降、ステータス表示に名字の表記無し。web改稿版サブタイトル・書籍版章タイトルで黒塗りになっている。
  4. ^ アルティ同化後。
  5. ^ ワイス吸収後。
  6. ^ ティーダ同化後。
  7. ^ 作者としては、ハイリとワイスは別キャラクター判定らしい。[1]
  8. ^ 当時のカナミは妹の身体を乗っ取った状態だった。
  9. ^ 書籍十巻現在、詳細不明。
  10. ^ 足まで届く長さで、後に踏まないように結っている。

出典[編集]

  1. ^ 書籍3巻243P、244P。web版二章64話。
  2. ^ 小説1巻20、21P。
  3. ^ 小説1巻92、93P。
  4. ^ 小説1巻101、102P。
  5. ^ 書籍版1巻268P - 276P。web版一章17-2話。
  6. ^ 書籍版7巻284P。web版四章150話。
  7. ^ 小説1巻47P。
  8. ^ 小説1巻50P。
  9. ^ [2]『異世界迷宮の最深部を目指そう、二章』の登場人物紹介、イラスト紹介」
  10. ^ 小説1巻174P。
  11. ^ [3]『異世界迷宮の最深部を目指そう、二章』の登場人物紹介、イラスト紹介」
  12. ^ 書籍版3巻203P。web版二章63話。
  13. ^ 原作4巻7P。
  14. ^ 書籍版4巻10P。web版三章71話。
  15. ^ web版《一〜七章》外伝空間2、スノウ1。
  16. ^ 書籍版4巻37P。web版三章73話。
  17. ^ 書籍版7巻309P、310P。web版四章151話。
  18. ^ 書籍版5巻279P - 282P。web版三章109話。
  19. ^ web版《一〜七章》外伝空間2、スノウ1。
  20. ^ 原作2巻216P。
  21. ^ 原作3巻94P。
  22. ^ [4]web版《一〜七章》外伝空間4、五章までのキャラ紹介」
  23. ^ 原作2巻151、152P。
  24. ^ web版三章130話。
  25. ^ 原作2巻275P。
  26. ^ 原作2巻216P。
  27. ^ 小説2巻65P。
  28. ^ 書籍版8巻208P、209P。web版四章173話。
  29. ^ 書籍版8巻322P。web版四章182話。
  30. ^ 書籍版8巻8P、9P。
  31. ^ 小説2巻20P。
  32. ^ 原作3巻345P。
  33. ^ web版《一〜七章》外伝空間2、スノウ1。
  34. ^ 原作3巻180P。
  35. ^ 原作5巻293P。
  36. ^ web版《一〜七章》外伝空間2、ローウェンその3。
  37. ^ [5]『異世界迷宮の最深部を目指そう、二章』の登場人物紹介、イラスト紹介」
  38. ^ 原作1巻306P。
  39. ^ 原作1巻220 - 223P。
  40. ^ 原作1巻237P。
  41. ^ 原作8巻48P。
  42. ^ 原作8巻362、363P。
  43. ^ 原作8巻52P。
  44. ^ 原作8巻6.エピローグ。
  45. ^ 原作8巻369P。
  46. ^ 原作8巻370P。
  47. ^ [6]五巻発売記念! あと記念に『異世界迷宮の最深部を目指そう』設定の一部公開。」
  48. ^ 書籍9巻92P - 95P。web版五章192話。
  49. ^ 書籍版4巻245P、246P。web版三章88話。
  50. ^ web版最終章388話。
  51. ^ [7]web版《一〜七章》感想欄189ページ」
  52. ^ 書籍版1巻59P。web版一章6話。
  53. ^ 書籍版9巻366P。web版五章211話。
  54. ^ 書籍版8巻294P。web版四章180話。

外部リンク[編集]