由良港 (和歌山県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
由良港
Port of Yura and JMSDF Yura Naval Base, -4 Aug. 2010 a.jpg
由良港、右が海上自衛隊由良基地。
所在地
日本の旗 日本
所在地 和歌山県日高郡由良町日高町
座標 北緯33度57分30.7秒 東経135度6分38秒 / 北緯33.958528度 東経135.11056度 / 33.958528; 135.11056座標: 北緯33度57分30.7秒 東経135度6分38秒 / 北緯33.958528度 東経135.11056度 / 33.958528; 135.11056
詳細
管理者 和歌山県
種類 地方港湾
統計
統計年度 2015年度
発着数 2,344隻(3,649,076総トン)[1]
公式サイト 和歌山県

由良港(ゆらこう)は、和歌山県日高郡由良町および日高町にまたがる港湾である。1953年(昭和28年)8月1日地方港湾に指定される。港湾管理者は和歌山県で、避難港にも指定されている。

概要[編集]

由良港の歴史は古く、太平記に登場するほどまで遡れる。周辺は典型的なリアス式海岸水深は深く、長年にわたって漁港として栄えていた。

昭和の時代に入ると、天然の良港であるこの地に注目した大日本帝国海軍1939年(昭和14年)に紀伊防備隊を設けた。1945年(昭和20年)終戦に伴い同部隊は解散したが、1952年(昭和27年)に保安庁警備隊大阪航路啓開隊本部由良基地が設けられ、1954年海上自衛隊由良基地分遣隊が発足され現在に至る。

水深の深さが幸いして大型船が入港できるため、周辺地域で産出される骨材を利用したセメント産業が盛んで、さらに三井造船の造船所が誘致されるなど、紀中地域経済の要となっている。また、悪天候時には緊急避難港としても利用される。

かつて、1928年(昭和3年)から1968年(昭和43年)まで、紀勢本線から貨物支線が伸び、港湾そばに由良内駅があった。

2015年度の発着数は2,344隻(3,649,076総トン)である[1]

港湾区域

境界線の北端は神谷崎から始まり南西方向に伸び、蟻島を経由して南西方向に伸び、もう一方の境界線は日高町にある方杭崎から北北西方向に伸び、両線の交点の内側が由良港の港湾区域となる。

施設[編集]

機関
企業

付近の交通[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 港湾統計(平成27年度)第3部第1表

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]