由良港 (兵庫県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
由良港
由良港と成ヶ島の成山
由良港と成ヶ島の成山
所在地
日本の旗 日本
所在地 兵庫県洲本市
座標 北緯34度17分20.24秒
東経134度56分51.67秒
詳細
管理者 兵庫県
種類 地方港湾
港則法適用港
統計
統計年度 2008年
発着数 129
貨物取扱量 17,877t
主要移入品 セメント、水産物
主要移出品 なし

由良港(ゆらこう)は淡路島の南東端、兵庫県洲本市にある兵庫県管理 [1]地方港湾である。

概要[編集]

由良港は天然の防波堤とも言うべき成ヶ島が形作るラグーン由良湾内にあり天然の良港である。かつては洲本港深日港深日海運→シャトルサービス)の航路のうち1往復が由良港に寄港していたが、現在では成ヶ島への渡し船があるだけで、貨物港と漁港としての機能が主である。平成20年(2008年)のデータでは500t未満の内航貨物船の入港隻数が129隻、内容は和歌山下津港からのセメントの移入が16,389t、水産物の水揚げが1,488tとなっている [2]

舟由良港に至るという吉村寅太郎作の漢詩がある。

歴史[編集]

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 兵庫県/ひょうごのみなと”. 兵庫県 県土整備部 土木局 港湾課 (2010年11月19日). 2010年11月24日閲覧。
  2. ^ 兵庫県/港湾統計年報(平成20年)”. 兵庫県 県土整備部 土木局 港湾課 (2010年1月7日). 2010年11月24日閲覧。

関連項目[編集]