和歌山県道23号御坊湯浅線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
主要地方道
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
和歌山県道23号標識
和歌山県道23号
御坊湯浅線
路線延長 23.8km
陸上区間 23.8km
起点 和歌山県御坊市
主な
経由都市
通過する自治体参照
終点 和歌山県有田郡湯浅町
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0042.svg国道42号
和歌山県道24号御坊由良線
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

和歌山県道23号御坊湯浅線(わかやまけんどう23ごう ごぼうゆあさせん)は、和歌山県御坊市から同県有田郡湯浅町に至る主要地方道である。

概要[編集]

起点は御坊市となっているが、御坊市内には和歌山県道23号の標識は見当たらない。日高町大字萩原でも和歌山県道176号井関御坊線と重複しているが、標識は和歌山県道176号の物しかない。和歌山県道176号と重複する区間から切貫峠を越える道は国道42号旧道である。旧道には煉瓦のトンネル口をもつトンネルがある。ほとんどがカーブと狭い道の続く道路となっている。由良町阿戸付近からは2車線道となり、町街地の間を通って入路の交差点で再び国道42号と接続している。

その後、同町門前で国道42号から分かれ、同町衣奈方面へのトンネルを抜け交差点を右折すると、海岸付近までバイパスが整備されており、旧道と合流してからも2車線で海岸沿いを広川町まで進むことができる。一方旧道は、トンネル付近の交差点を直進し、衣奈まで県道24号御坊由良線と重複した後、海岸付近でバイパスと合流するまで狭路となっている。

広川町や湯浅町の町街地は民家が連担しているため、再び狭い道となっている。国道42号との終点付近は2車線整備が完了している。

路線データ[編集]

  • 陸上距離:23.8km(平成18年4月1日現在)[1]
  • 起点:御坊市
  • 終点:有田郡湯浅町(湯浅交差点 = 国道42号

路線状況[編集]

重複区間[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

接続する道路[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]