田畑修一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田畑 修一郎(たばた しゅういちろう、本名:田畑 修蔵(たばた しゅうぞう)、1903年9月2日 - 1943年7月23日)は、島根県出身の作家。代表作は1933年に発表し、芥川賞候補にもなった『鳥羽家の子供』。

経歴[編集]

島根県美濃郡益田町(現益田市)に生まれる。少年時代、銀行家で地元の有力者だった父が自殺し、旅館を営む田畑キクの養子になる。早稲田大学英文科に入学するも中退。その後、宇野浩二に師事する。また、火野葦平寺崎浩丹羽文雄らと同人誌『街』を創刊。

1933年に自伝的創作『鳥羽家の子供』を発表。『鳥羽家の子供』は、芥川賞の候補作となり、同じく候補作であった中山義秀の『厚物咲』と競うも落選。

将来を望まれたが、岩手県盛岡市へ取材中の1943年7月20日に体調を崩して急性盲腸炎となり、日赤盛岡病院に入院するが、7月23日に心臓麻痺のため死去した。享年39。戒名は文誉修道居士[1]

地元益田市にある「益田市立歴史民俗資料館」に『出雲石見』の執筆原稿や初版本などの資料が展示されている。

作品[編集]

  • 『鳥羽家の子供』(1938年):第7回芥川賞候補作
  • 『医師高間房一』
  • 『郷愁』
  • 『さかだち』
  • 『学校』
  • 『出雲石見』

脚注[編集]

  1. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)201頁

外部リンク[編集]