田原しんぺー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田原 しんぺー
基本情報
本名 田原 伸平
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1983-09-04) 1983年9月4日(35歳)
出身地 長野県北安曇郡
所属 総合格闘技道場STF
→K‐PLACE埼玉格闘技道場
身長 160cm
体重 52kg
階級 ストロー級
バックボーン 総合格闘技
テンプレートを表示

田原 しんぺー(たはら しんぺー、1983年9月4日 - )は、日本男性総合格闘家長野県北安曇郡出身。K‐PLACE埼玉格闘技道場所属。

来歴[編集]

プロ格闘家を目指し長野県から上京、埼玉県にある総合格闘技道場STFに入門した。

2003年9月28日、コパ・パレストラ・イースト・ジャパン 修斗グラップリングオープントーナメント・フライ級(5名参加)に出場。決勝で室伏克哉に腕ひしぎ十字固めによる一本負けを喫し準優勝となった[1]

2004年7月19日、第4回東日本アマチュア修斗選手権・フライ級(11名参加)に出場し、3位となった[2]。9月20日、第11回全日本アマチュア修斗選手権・フライ級(8名参加)に出場。準決勝で吉田朋彦に判定負けを喫し、3位となった[3]

2005年8月14日、第5回東日本アマチュア修斗選手権・フライ級(8名参加)に出場。準決勝で優勝した山田武志に敗れ、3位となった[4]。9月18日、第12回全日本アマチュア修斗選手権・フライ級(8名参加)に出場。準決勝で優勝した室伏伸哉にフロントチョークによる一本負けで3位となり、プロ昇格を決めた[5]

2006年3月3日、田原 シンペーのリングネームでプロ修斗デビュー。新人王決定トーナメント・フライ級1回戦でプリンと対戦し、0-3の判定負けを喫した[6]

2007年2月18日、第4回東日本修斗グラップリングオープントーナメント・バンタム級に出場。決勝で阿部博之に0-11のポイント負けを喫し、準優勝となった[7]

2007年6月30日、リングネームを田原 しんぺーに変更し、修斗新人王トーナメント・フライ級1回戦で阿部博之と対戦。当初は右目尻カットによるドクターストップで勝利と裁定されたものの、阿部陣営の提訴を受け検証したところバッティングによるカットだったとして0-3のテクニカル判定負けと裁定が変更された[8]

2008年9月28日、修斗でランバー・ソムデートM16と対戦し、0-3の判定負けを喫した[9]

2009年6月6日、修斗で室伏シンヤと対戦し、パウンドによるKO勝ちを収めた[10]

2009年8月9日、STF初の主催興行「SHOOTO GIG SAITAMA 01 〜斗うことの誇り。」のメインイベントでジェシー・タイタノと対戦し、3-0の判定勝ちを収めた[11]

2009年11月23日、初代修斗世界フライ級(-52kg)チャンピオン決定戦でランバー・ソムデートM16と対戦し、0-3の判定負けを喫し王座獲得に失敗した[12]

2010年7月4日、第2回STF主催興行「SHOOTO GIG SAITAMA 02 〜斗うことの誇り。」のセミファイナルで赤木敏倫と対戦し、2-0の判定勝ち。試合後、「パンクラスとの対抗戦が行なわれるのであれば、砂辺選手とやらせてほしい」とアピールした[13]

2010年9月5日、初参戦となったパンクラスのフライ級(-54kg)王座次期挑戦者決定戦で砂辺光久と対戦。三角絞めを狙ったところをバスターで叩きつけられKO負けを喫した[14]

2013年9月29日、フライ級キング・オブ・パンクラスタイトルマッチで砂辺光久と再戦し。0-3の判定負けを喫し王座獲得に失敗した。

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
20 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
12 5 1 6 0 1 0
7 1 0 6 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 砂辺光久 5分3R終了 判定0-3 PANCRASE 252
【フライ級キング・オブ・パンクラス タイトルマッチ】
2013年9月29日
阿部博之 1R 0:40 TKO(右フック→パウンド) PANCRASE 248 2013年6月30日
江泉卓哉 5分3R終了 判定3-0 PANCRASE 245 2013年2月3日
のぶ渡辺 5分3R終了 判定2-0 修斗 SHOOTO GIG TOKYO Vol.11 2012年8月25日
× 正城ユウキ 5分3R終了 判定0-3 修斗伝承 2011 2011年4月29日
× 砂辺光久 3R 2:32 KO(バスター) パンクラス PANCRASE 2010 PASSION TOUR
【フライ級王座次期挑戦者決定戦】
2010年9月5日
赤木敏倫 5分3R終了 判定2-0 修斗 SHOOTO GIG SAITAMA 02 〜斗うことの誇り。 2010年7月4日
生駒純司 3R 3:31 KO(パウンド) 修斗 BORDER -season 2- 「波動」 2010年3月28日
× ランバー・ソムデートM16 5分3R終了 判定0-3 修斗 REVOLUTIONARY EXCHANGES 3
【修斗世界フライ級チャンピオン決定戦】
2009年11月23日
ジェシー・タイタノ 5分3R終了 判定3-0 修斗 SHOOTO GIG SAITAMA 01 〜斗うことの誇り。 2009年8月9日
室伏シンヤ 3R 4:09 KO(パウンド) 修斗 SHOOTING DISCO 9 〜スーパーマン〜 2009年6月6日
春崎武裕 5分3R終了 判定1-1 "修斗伝承 06" ROAD TO 20th ANNIVERSARY 2009年3月20日
× ランバー・ソムデートM16 5分3R終了 判定0-3 "修斗伝承 03" ROAD TO 20th ANNIVERSARY 2008年9月28日
ATCHアナーキー 2R 3:26 腕ひしぎ十字固め 修斗 SHOOTING DISCO 5 アース ウィンド アンド ファイター 〜大地と風と戦士〜 2008年6月21日
室伏カツヤ 2R 0:46 TKO(左瞼カット) "修斗伝承 01" ROAD TO 20th ANNIVERSARY 2008年5月3日
タイガー石井 5分2R終了 判定3-0 修斗 SHOOTING DISCO 4 〜ボーン イン ザ ☆ ファイティング〜 2008年2月23日
猿丸ジュンジ 5分2R終了 判定3-0 修斗 SHOOTING DISCO 3 〜エブリバディー ファイト ナウ〜 2007年10月20日
× 阿部博之 2R 0:42 テクニカル判定0-3 修斗
【新人王決定トーナメント フライ級 1回戦】
2007年6月30日
澤田憲壱 2R 4:57 TKO(タオル投入) 修斗 2006年11月30日
× プリン 5分2R終了 判定0-3 修斗 下北沢修斗劇場 第14弾 〜'06 巣立ち〜
【新人王決定トーナメント フライ級 1回戦】
2006年3月3日

獲得タイトル[編集]

  • 第4回東北アマチュア修斗オープントーナメント フライ級 優勝(2005年)
  • 第5回東日本アマチュア修斗選手権 フライ級 優勝(2005年)

脚注[編集]

  1. ^ コパ・パレストラ・イースト・ジャパン 修斗グラップリングオープントーナメント 試合結果 パラエストラ公式サイト
  2. ^ 第4回東日本アマチュア修斗選手権 X-SHOOTO
  3. ^ 第11回全日本アマチュア修斗選手権大会 公式結果 SHOOTO NEWS 2004年9月20日
  4. ^ 第5回東日本アマチュア修斗選手権大会 公式結果 SHOOTO NEWS 2005年9月3日
  5. ^ 第12回全日本アマチュア修斗選手権 X-SHOOTO
  6. ^ 【修斗】赤木がダウンを奪い、塩田に判定勝利 格闘技ウェブマガジンGBR 2006年3月3日
  7. ^ 【修斗グラップリング】秋本じん、プロシューター対決を制しフェザー級Tを制覇 格闘技ウェブマガジンGBR 2007年2月18日
  8. ^ 【修斗】06年新人王・神酒が公式戦3連勝、セミの粕谷はドクターストップの秒殺勝ち 格闘技ウェブマガジンGBR 2007年6月30日
  9. ^ 【修斗】上田将勝、ドローで初防衛に成功。正城は漆谷から逆転勝ち 格闘技ウェブマガジンGBR 2008年9月28日
  10. ^ 【修斗】佐藤ルミナの愛弟子・土屋が大金星!戦極参戦の石渡を秒殺KO 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年6月6日
  11. ^ [修斗] 田原、タイタノに勝利。ルミナ、組技戦で黒星:8.9 埼玉 BoutReview 2009年8月9日
  12. ^ 【修斗】パンクラスとの対抗戦は3勝1敗で修斗勝利!タイ人初の世界王者が誕生 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年11月23日
  13. ^ [修斗] 山上、去年の無念晴らす勝利。田原、砂辺戦に意欲:7.4 埼玉 BoutReview 2010年7月4日
  14. ^ 【パンクラス】桜木が川村をKO!井上が王座防衛、VS修斗はパンクラス完全勝利 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年9月5日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]