田丸公美子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田丸 公美子(たまる くみこ)は、イタリア語を専門とする日本翻訳家通訳エッセイストである。

経歴[編集]

広島県出身。ノートルダム清心中学校・高等学校を経て、東京外国語大学イタリア語学科卒業。

大学在学中から来日イタリア人のガイドを務め、卒業後にはイタリア語による通訳となった。エッセイストとしても活動しており、『パーネ・アモーレ―イタリア語通訳奮闘記』(2001年)をはじめとする著作がある。

人物[編集]

著書の題名などに見られる「シモネッタ」という自称は、「シモネッタ・ドッジ」 (Simonetta d'Oggi) を省略したものである。もともとは友人であるロシア語通訳米原万里に対して師匠の徳永晴美が命名したものであったが、米原が傑作の下ネタを連発する田丸に譲った[1]

著書[編集]

訳書[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 米原万里『ガセネッタ&シモネッタ』文藝春秋(文春文庫)、2003年、17-18頁。