田中道雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 道雄(たなか みちお、1932年4月25日[1]- )は、日本の国文学者佐賀大学名誉教授義仲寺総代[2]

経歴[編集]

韓国京城府(現・ソウル特別市)生まれ[2]。長崎県出身。1958年佐賀大学文理学部(文科系)卒業、1963年九州大学大学院国文学博士課程満期退学1965年有明工業高等専門学校講師、1966年九州工業大学助教授、1971年鹿児島大学助教授、1977年教授、1981年佐賀大学教授、1998年定年退官、名誉教授。2001年 文学博士号取得(九州大学)「蕉風復興運動と蕪村」[3]


著書[編集]

共著[編集]

脚注[編集]