田中諭吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
田中 諭吉
Yukichitanaka.jpg
生誕 (1901-01-29) 1901年1月29日
日本の旗 日本 福岡県福岡市
死没 (1970-09-05) 1970年9月5日(69歳没)
日本の旗 日本 福岡県福岡市
国籍 日本の旗 日本
業績
成果 新天町戦後復興の企画
博多祇園山笠集団山見せの企画
太宰府天満宮曲水の宴の企画
櫛田神社節分お多福面の企画 他

田中 諭吉(たなか ゆきち、1901年明治34年)1月29日 - 1970年昭和45年)9月5日)は、日本プランナー画家書家

人物[編集]

福岡市博多川端町の陶磁器店に生まれる[1]。名前は、田中の誕生日から5日後に亡くなった福澤諭吉にちなんでつけられた[2][3]。16歳で父を亡くし、絵画を独習する[1]1928年昭和3年)福岡日日新聞社(現在の西日本新聞社)に入社。新聞記事に付けるスケッチを描く仕事であったが[2]、その後企画広告部門に移った[1]

太平洋戦争終結後の1945年、西鉄福岡駅付近に商店街を建設することを企画、これを元に新天町が誕生したとされる[1][4]

1961年1月に西日本新聞を定年退職し、その後は広告代理店西広大広に勤務した[1]。この時期、1961年2月に節分の櫛田神社におたふく面を「福くぐり」として設置したのをはじめ、博多祇園山笠での「集団山見せ」(1962年開始)、櫛田神社の常設山笠、太宰府天満宮曲水の宴(1963年開始)など、地域の催事について企画提案をおこない、実現させている[1]。1970年、69歳で逝去。

エピソード[編集]

  • 若い頃から頭髪が薄く、自らの頭を「光頭無毛文化財(こうとうむけいぶんかざい)」と称し、有無庵(ゆうもあん)と号した[1]
  • 独学で学んだ絵は、企画に活かされると共に、さまざまな絵画作品も残している。
  • 書にも長けており、歌舞伎で使用される勘亭流の名手でもあった。

主な業績[編集]

  • 新天町(福岡県福岡市)戦後復興の企画[5]
  • 博多祇園山笠(福岡県福岡市)「集団山見せ」の企画
  • 博多祇園山笠(福岡県福岡市)「常設山笠」の企画
  • 太宰府天満宮(福岡県太宰府市)「曲水の宴」の企画
  • 櫛田神社(福岡県福岡市)「節分おたふく面」の企画
  • 櫻井神社(福岡県糸島市)「二見浦夫婦岩」の企画
  • 筥崎宮(福岡県福岡市)「放生会灯篭」の企画
  • 西公園光雲神社(福岡県福岡市)「謡鶴」の企画
  • 宗像大社(福岡県宗像市)「交通安全祈願」の企画(戦前)
  • 「博多仁和加振興会」発起人・企画・運営
  • 「九州漫画協会」発起人・企画・運営
  • 興宗禅寺(福岡市南区野間大池)所蔵 「赤穂浪士掛軸」の揮毫

主な著書[編集]

『企画奥の手』1961年 積文館

メディア[編集]

企画展[編集]

2013年4月 博多町家ふるさと館 『戦後の福岡・博多を元気にしたアイデアマン 光頭無毛文化財 田中諭吉展

テレビ[編集]

1987年7月 RKB『朝の情報BOX』広告イベントのパイオニア 田中諭吉

2005年1月NHK『福岡いちばん星』新日本紀行

2015年7月 RKB『豆ごはん』 福岡VS北九州 今夜決着!偉人対決

情報誌[編集]

2016年2月 アクロス福岡 情報誌『ACROS』 福岡クリエーター人物列伝 田中諭吉

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g アイデアマン田中諭吉 - 西日本新聞「博学博多ふくおか深発見 VOL.169」(2011年2月26日に掲載された広告記事)
  2. ^ a b 田中諭吉 福博文化催事 - ふくおか金印先人記念館
  3. ^ 「ふくおか金印先人記念館」ウェブサイトは福澤の命日を「1月25日」としているが、これは脳溢血が再発して重篤になった日で、亡くなったのは2月3日である。
  4. ^ 新天町ウェブサイトの「新天町物語」には、「西日本新聞社の郷土再建活動案」が建設のきっかけであったと記されている[1]
  5. ^ 2005年・福岡地方史研究43号

参考文献[編集]