田中英吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 英吉(たなか えいきち、1902年6月6日 - 1983年5月20日)は、カトリック教会司教洗礼名は「フランシスコ・ザビエル」。カトリック高松司教区の初代司教を務めた。愛媛県戸島出身で、カトリック京都司教区田中健一名誉司教の叔父にあたる[1]

生涯[編集]

1902年6月6日に愛媛県の戸島村(現在の宇和島市)に生まれる。1935年12月21日に司祭叙階された。その後は高松教区の教区司祭として働き、1955年には新設されたばかりの桜町教会(香川県高松市)の初代主任司祭となった。聖堂の建設に尽力し、1957年(昭和32年)3月17日に聖堂の献堂式が行われた[2]。その後1963年9月に桜町教会は司教座聖堂に指定され、同年10月20日に田中は教皇パウロ6世から司教に叙階された。1977年1月11日に病気のため高松教区司教の職を引退し、約7年間の闘病生活の後の1983年5月20日、香川県坂出市の聖マルチン病院で亡くなった[3]

脚注[編集]

  1. ^ キリシタン史跡をめぐる―四国編 愛媛県・戸島
  2. ^ 教会をたずねて カトリック桜町教会(高松教区カテドラル) 女子パウロ会
  3. ^ カトリック京都教区報 1994年

外部リンク[編集]