田中吉六

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中吉六(たなか きちろく、1907年9月3日1985年12月10日)は、マルクス主義哲学者。 富山県出身。日本大学予科中退。独学でマルクス主義を研究、1952年ごろから肉体労働をしながら著作を行う。その実践主体確立の理論化活動が1960年代後半の学生運動の中で注目された。

著書[編集]

  • スミスとマルクス』真善美社 1948 のち論創社
  • 『史的唯物論の成立 技術論と認識論』理論社 1949 のち季節社
    • 『史的唯物論の成立』渡辺啓編 こぶし文庫 2005
  • 『主体的唯物論への途』労働文化社 1950 のち季節社
  • 『マルクス理論の解明 その追体験的再構成』理論社 解明双書 1952
  • 『マルクスからルソーへ』農山漁村文化協会 人間選書 1980
  • 『わが哲学論争史 労働と思索』農山漁村文化協会 人間選書 1981
共著

翻訳[編集]

  • マルクス『経済学・哲学草稿』城塚登共訳 岩波文庫 1964

参考[編集]