王英 (民国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
王英
No image available.svg
プロフィール
出生: 1895年
死去: 1950年11月4日
中華人民共和国の旗 中国北京市
出身地: 清の旗 直隷省順徳府邢台県
職業: 軍人
各種表記
繁体字 王英
簡体字 王英
拼音 Wáng Yīng
和名表記: おう えい
発音転記: ワン イン
ラテン字 Wang Ying
テンプレートを表示

王 英(おう えい)は中華民国の軍人。国民軍奉天派などに属し、後に日本側に転じて大漢義軍を率いた。号は杰臣

事績[編集]

初期の活動[編集]

18歳で北京匯文中学を卒業する。1920年民国9年)から綏遠都統馬福祥の下で、都統署参議や騎兵営営長などをつとめた。1925年(民国14年)、馮玉祥のもとで、五原・臨河騎兵団団長に任命される。同年秋には、包寧護路司令兼綏遠省革命協会会長に任命された。民国15年(1926年)からは奉天派に転じ、万福麟から東北第31軍軍長に任命された。まもなく、今度は閻錫山の下に移り、山西騎兵第4師師長となる。1930年(民国19年)、中原大戦が勃発すると、さらに蒋介石側へ寝返り、騎兵第3師師長に任命された[1]

1931年(民国20年)、満州事変が勃発すると、王英は蒋介石から察北義勇軍司令に任命される。1933年(民国22年)夏、馮玉祥が張家口察哈爾民衆抗日同盟軍を組織すると、王英は馮の配下となり、遊撃第1路司令(察北遊撃司令)に任じられた。同盟軍解体後の同年冬、王英は蘭州へ移り、甘粛省政府参議に任命された[2]

大漢義軍を率いて[編集]

1935年(民国24年)、王英は日本に投降し、梅津美治郎から大漢義軍司令に任命された。翌年11月、王英は、デムチュクドンロブ(徳王)・李守信率いる蒙古軍とともに綏遠を攻撃した。しかし、綏遠省政府主席・傅作義らの反撃の前に敗れた(綏遠事件)。1937年(民国26年)、綏西自治委員会委員長となる。1939年(民国28年)11月、綏西自治聯軍総司令に就任した[2]。形式上、王英はデムチュクドンロブ配下であったが、実際には日本軍の命令を直接受けたとされる。その後、傅作義と戦いを繰り広げたが、総じて劣勢であった[3]

日本敗北後は、軍を率いて傅作義に投降し、騎兵第1集団軍総司令に任命された。さらに第12戦区騎兵第14縦隊縦隊長に異動している。1946年(民国35年)秋、北平国民政府軍事委員会委員長北平行営高級参謀に任命された。その後、平蒲路剿共軍総司令にも任じられている[4]

中華人民共和国成立後に王英は当局に逮捕された。1950年5月23日、王英は漢奸・反革命の罪により北京市人民法院で死刑判決を受け、上告したものの最高人民法院でも原判決が維持された。同年11月4日、北京市で王英の銃殺刑が執行された。享年56[5]

[編集]

  1. ^ 徐主編(2007)、42-43頁。
  2. ^ a b 徐主編(2007)、43頁。
  3. ^ 李(1961)、207頁。
  4. ^ 李(1961)、207-208頁。
  5. ^ 人民日報』1950年11月5日、第2版。同記事では王英の処刑時年齢を「56歳」としているが、これは数え年と考えられる。また徐主編(2007)、43頁は「1951年1月」に処刑としているが、誤りと思われる。

参考文献[編集]