王叡 (後漢)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

王 叡(おう えい、? - 189年)は、中国後漢末期の政治家。字は通耀徐州琅邪郡臨沂県山東省臨沂市蘭山区)の人。琅邪王氏の一族で、前漢王吉の末裔。父は王仁[1]。兄は王誼。弟は王典・王融[2]。甥は王祥[3]

経歴[編集]

荊州刺史に出世した。

187年孫堅と共に零陵桂陽の反乱を鎮圧した。王叡は以前から、孫堅の氏素性が定かではないことを理由に軽んじ、無礼な言葉を吐くことが多かった[3]

霊帝の死後、董卓が政治の実権を握ると、各地で反董卓の兵が起こった。王叡も反董卓連合に加わる予定であったが、その前に不仲だった武陵太守の曹寅の殺害を謀ろうとした。これを知った曹寅は、王叡の罪を述べた檄文を偽造して孫堅に送り、孫堅に檄文を奉じさせ王叡を攻撃させた。王叡はこのことで絶体絶命となり、を溶かしたものを飲んで服毒自殺した。その後、一族は廬江に疎開したという。

脚註[編集]

  1. ^ 新唐書』唐宰相世系表十二中では王音とする。
  2. ^ 晋書』王祥伝
  3. ^ a b 裴松之が引く『王氏譜』による。