玉縄桜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
玉縄桜
Gthumb.svg
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : バラ類 rosids
: バラ目 Rosales
: バラ科 Rosaceae
: スモモ属 Prunus
亜属 : サクラ亜属 Cerasus
: P. × yedoensis
品種 : 玉縄桜
学名
Prunus x yedoensis 'Tamanawa-zakura'
和名
玉縄桜

玉縄桜(たまなわざくら)は、神奈川県鎌倉市にある神奈川県立フラワーセンター大船植物園にて染井吉野(ソメイヨシノ)の早咲きのもの中から選ばれ育成されたもので、1990年(平成2年)に品種登録されたサクラの園芸品種である[1]。「玉縄桜を広める会」によって植樹も行われている[2]。カタカナで「タマナワザクラ」と表記する場合もある。山口県などに寄贈されたことがある。

名前の由来[編集]

フラワーセンター大船植物園の近くにかつてあった、玉縄城にちなんで名づけられた。

特徴[編集]

ソメイヨシノがベースとなっている桜。ソメイヨシノより早咲きのため、気温の低い時期に咲き、鑑賞期間が長い。数はまだまだ少ない。

ソメイヨシノがベースとなっているため、玉縄桜ももとをたどれば、大島桜(オオシマザクラ)と江戸彼岸(エドヒガン)の雑種が含まれている。

外見的特徴[編集]

  • ソメイヨシノより早咲きで、2月中旬から咲き始め、3月上旬に見頃を迎える[1]
  • ソメイヨシノより、花びらはピンク色がやや濃い[1]
  • 葉は長い楕円形で、互い違いに生える[1]
  • 葉の縁には鋭い大きなギザギザと細かなギザギザがある[1]
  • 高さは5メートルから15メートルくらいである[1]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]