玉波 (浮世絵師)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

玉波(ぎょくは、生没年不詳)とは明治時代浮世絵師

来歴[編集]

鍋田玉英の門人。玉波と号して明治30年代から明治40年代にかけて相撲絵を描いているのみで、作品はあまり見ない。

作品[編集]

  • 「常陸山と梅ケ谷大相撲の図」 大判3枚続 明治32年(1899年) 5代目松木平吉茨城県立図書館所蔵
  • 「東京小常陸由太郎」 大判 明治35年(1902年) 5代目松木平吉版
  • 「越中梅ケ谷藤太郎」 大判 明治41年
  • 「横綱土俵入之図」 大判3枚続

参考文献[編集]