鍋田玉英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鍋田 玉英(なべた ぎょくえい、弘化4年〈1847年〉10月 ‐ 没年不明)とは、明治時代浮世絵師

来歴[編集]

楊洲周延の門人、名は吉資(よしやす)。はじめ延春と称し、後に楊堂と号す。浅草西島越町、また下谷御徒町二丁目十六番地に住む。作画期は明治10年(1877年)から明治35年(1902年)頃にかけてで、主に風俗画など描いた。門人に梶田半古飯沼玉亀がいる。

作品[編集]

  • 怪物画本』 ※明治14年(1881年)刊行
  • 山水画譜』 ※明治32年(1899年)9月刊行
  • 「上野不忍池共同競馬会真図」 大判錦絵3枚続 ※明治17年
  • 江之嶋全図」 横中判錦絵 江島神社所蔵 ※明治20年、新井吉兵衛版
  • 「徳川家康公御入国三百年大祭忍ケ岡幌曳階子乗之図」 大判錦絵3枚続 ※明治22年、「楊堂玉英」落款
  • 「幕府御本丸棟上式之図」 大判錦絵3枚続 ※明治22年
  • 「帝国議会 衆議院議員」 大判錦絵3枚続 憲政記念館所蔵 ※明治23年
  • 「新潟県催壱府十一県連合共進会場之図」 大判錦絵3枚続 ※明治34年
  • 薩摩琉球物産大販売所」 団扇絵 貨幣博物館所蔵

参考文献[編集]

  • 井上和雄編 『浮世絵師伝』 渡辺版画店、1931年 ※国立国会図書館デジタルコレクションに本文あり。70コマ目。
  • 日本浮世絵協会編 『原色浮世絵大百科事典』(第2巻) 大修館書店、1982年