狭山陣屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
狭山藩陣屋跡碑

狭山陣屋(さやまじんや)は、河内国丹南郡[1]池尻村および半田村(現・大阪府大阪狭山市狭山)にあった陣屋で、狭山藩の藩庁である。

概要[編集]

天正18年(1590年)、豊臣秀吉による小田原征伐により、後北条氏5代当主北条氏直高野山にて蟄居を命ぜられ、これに氏直の叔父にあたる北条氏規も従った。翌年赦された氏直は秀吉から1万石を与えられたが、程なくして死去し、後北条氏の本家筋は絶えた。

立藩前夜、氏直から家督を相続した氏規は河内国に7千石を拝領し、大坂屋敷で政務を執っていた。慶長5年(1600年)に氏規が没すると、氏規の嗣子である北条氏盛は、遺領7千石と下野国に拝領していた自身の4千石を併せて1万1千石の外様大名となり、狭山藩が立藩され、初代狭山藩主となった。

陣屋は広大な狭山池の東畔に築かれた。元和2年(1616年)、2代氏信の代に陣屋を池尻村に設置し、3代氏宗の代に本丸にあたる上屋敷が完成した。5代氏朝の代には東除川対岸の半田村に下屋敷が完成した。以後12代氏恭の代まで続き、明治維新を迎える。

御殿は天明2年(1782年)に焼失し、天明6年(1786年)に再建された。

遺構[編集]

遺構は大阪府堺市堺区神明町東2丁にある浄土真宗本願寺派堺別院に陣屋表門が移築現存する。陣屋跡には何も残されていないが、上屋敷跡付近の公園に石碑と説明案内板があり、下屋敷跡は旧狭山遊園地(さやま遊園)として利用されていた。市の埋蔵文化財包蔵地として周知されている。

周辺建造物ほか[編集]

  • 武家屋敷長屋門
  • 狭山池 - 日本最古のため池とされる[2]

アクセス[編集]

南海高野線 大阪狭山市駅下車。徒歩にて約10分程。

脚注[編集]

  1. ^ 平安時代後期、丹比郡が丹南郡と丹北郡に分けられて設置された。丹比神社など「丹比」を冠する地名・建造物は今も随所に残る。
  2. ^ 同地案内板に「1400年の歴史を今に伝える」との記述。

関連項目[編集]