犬塚正智

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

犬塚 正智(いぬつか まさとも、1957年(昭和32年) - )は、日本経営学者商学修士早稲田大学)。専門は経営管理論・経営戦略論。

経歴[編集]

  • 1957年(昭和32年) - 佐賀県伊万里市(父)犬塚正明、長男として誕生
  • 1983年(昭和58年) - 東京国際大学商学部卒
  • 1988年(昭和63年) - 早稲田大学大学院商学研究科博士後期課程単位修得満期退学
  • 1988年(昭和63年)- 早稲田大学商学部助手
  • 1988年(昭和63年)- 北海学園大学部助教授
  • 1998年(平成10年) - 北海学園大学経済学部教授・同大学院経済学研究科教授
  • 2000年(平成12年) - 北海学園大学大学院経営学研究科教授
  • 2001年(平成13年) - 創価大学経営学部教授・同大学院経済学研究科前期課程担当教授
  • 2019年(平成31年) - 創価大学同大学を依願退職

著書[編集]

  • 『経営学総論』(共著、同文書院、1993年3月)
  • 『戦略組織論の構想』(大月博司・犬塚正智・中条秀治・玉井健一 著、同文舘出版、1999年12月)
  • 『ネットワーク時代の企業戦略』(学文社、2000年6月)
  • 『企業戦略と情報技術 情報技術の戦略的利用に関する研究』(杉山書店、2000年10月)
  • 『経営戦略論の基礎』(佐久間信夫・犬塚正智 編著、学文社、2006年5月)
  • 『半導体ビジネスのジレンマ ガラパゴス化を超えるヒント』(犬塚正智・葉明杰 著、同文舘出版、2010年4月)
  • 『半導体企業の組織構造、知財戦略および競争力』(犬塚正智 著、同文舘出版、2017年11月)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]