「ジェームス・ダグラス」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
編集の要約なし
[[1987年]]5月30日、空位の[[国際ボクシング連盟|IBF]]世界[[ヘビー級]]王座を[[トニー・タッカー]]と争い、10回TKO負け。
 
[[1990年]]2月11日、[[マイク・タイソン]]の持つ[[世界ボクシング協会|WBA]]・[[世界ボクシング評議会|WBC]]・IBF世界ヘビー級王座に挑戦し、10回KO勝ちで王座を獲得。[[リングマガジン アップセット・オブ・ザ・イヤー]]に選出された。強打で恐れられたタイソンに勇気を持って立ち向かい、タイソンを初めて破った選手となった。しかしこの試合はダグラスがダウンした際に実質13秒のロングカウントが為されたとされ、試合後に法廷闘争に発展。「疑惑のロングカウント」によりダグラス自身もボクサーとして正当な評価を得られなかった。タイソン戦を巡っての法廷闘争は後に1度目の引退後に至るまで深刻な精神的ダメージを与えた。ダグラスは当時を「私はチャンピオンになったが、それは悪夢だった」と振り返っている<ref name="ダグラスの栄光と苦闘" /><ref>{{Cite web|url=https://spaia.jp/column/boxing/10249|title=マイク・タイソンがリング復帰?波乱万丈のボクシング人生|publisher=【SPAIA】スパイア|date=2020-05-02|accessdate=2020-11-16}}</ref>。
 
1990年10月25日、[[イベンダー・ホリフィールド]]に3回KO負けし、王座から陥落。1度目の引退を表明する。番狂わせで世界チャンピオンに上り詰めたことで環境が激変し、コンディション調整の失敗も理由であった。この敗戦でダグラスの評価は一段と下がり、メディアでは「まぐれでタイソンに勝った男」と評されるようになった。因みにタイソン、ホリフィールド戦で日本円にして計30億円以上もの富を得たという<ref name="ダグラスの栄光と苦闘" />
 
[[1996年]]6月22日、6年ぶりに現役復帰し、復帰戦から6連勝を記録。6年のブランクの間にうつ病を発症。これに加えアルコール依存症となり糖尿病も併発する中で再開したボクシングであった。1度目の引退後、一時は生死をさまようほど病状が悪化し、ダグラスは当時を「人生に無関心だった」と振り返っていた<ref name="ダグラスの栄光と苦闘" />。
 
[[1998年]]6月25日、[[ルー・サバリース]]とのマイナータイトルの[[国際ボクシング協会|IBA]]ヘビー王座決定戦で、3度のダウンを奪われ初回KO負け。
 
[[1999年]]、2度目の引退。
 
現在は現役時代に患った糖尿病と向き合いながら、出身地のオハイオ州コロンバスのコミュニティーセンターでボクシングのインストラクターをしている<ref name="ダグラスの栄光と苦闘" >{{cite web|url= https://www.j-cast.com/2020/02/16379678.html |title= 「世紀の番狂わせ」から30年 タイソンを倒した男、ダグラスの栄光と苦闘とは |publisher= J-CASTニュース |date= 2020年2月16日 |accessdate= 2020年1月6日}}</ref>。
匿名利用者

案内メニュー