「初等幾何学」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
</ref>。[[小平邦彦]]などの著名な数学者、科学者たちは過度に厳密すぎるのもかえって問題ではないかと抵抗した。
 
[[国際数学オリンピック]]では初等幾何は必ず出題される。日本勢は、しばしばこの科目でよく点を落とす。2013年現在の日本の高校の単元からは完全に外されているため、「チャート式幾何学」・「復刊 初等幾何学」・「幾何への誘い」など古くに出版された著作の復刊が相次いでいる。「初等幾何学 (基礎数学選書 7)」や「モノグラフ 幾何学」などの著作は、現在も重版が絶えていない。フィールズ賞を受賞した3人の日本人の中の2人、小平と広中は「戦前の初等幾何学」の洗礼を受けた数学者でもある
 
== 参考文献 ==
匿名利用者

案内メニュー