片倉健吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

片倉 健吉(かたくら たけよし[1]明治3年9月24日1870年10月18日) - 昭和16年(1941年10月21日[1])は、旧仙台藩家老・白石片倉氏第15代当主、華族男爵青葉神社宮司。父は伊予吉田藩8代藩主伊達宗孝(七男)[1]。妻は片倉景光の長女・光子[1]。子は信光

略歴[編集]

明治3年に生まれる。片倉景光の長女・光子に婿入りし、片倉家を継ぐ。養父の死去に伴い、明治43年(1910年)8月3日、男爵を襲爵した[2]大正15年(1926年)6月、片倉家旧家臣で幌別に移住した人たちと共に刈田神社境内に開拓記念碑を建立する。昭和16年(1941年)、死去。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『平成新修旧華族家系大成』上巻、420頁。
  2. ^ 『官報』第8136号、明治43年8月4日。

参考文献[編集]

  • 室蘭地方史研究会『室蘭地方史研究 第15号』(室蘭地方史研究会)1981年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年。

関連項目[編集]


日本の爵位
先代:
片倉景光
男爵
(白石)片倉家第2代
1910年 - 1941年
次代:
片倉信光