熊谷直清 (戦国武将)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
熊谷直清
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 享禄3年(1530年
死没 慶長2年9月9日(1597年10月19日)
主君 毛利元就輝元
氏族 平姓熊谷氏
父母 父:熊谷信直 母:不詳
養父:熊谷直続
兄弟 高直、直清、広真三須隆経就真
新庄局吉川元春室)、女(天野元明室)、
女(山内隆通室)、女(香川広景室)
正室:熊谷直続女
直顕直之宮庄春真守良直重

熊谷 直清(くまがい なおきよ)は、戦国時代から安土桃山時代の武将。毛利氏の家臣。父は熊谷信直。養父は熊谷直続。妻は熊谷直続の娘。

生涯[編集]

熊谷信直の次男として生まれる。男児のなかった叔父の直続の婿養子となった。天文9年(1540年)の吉田郡山城の戦いを初陣とする。天文11年(1542年)、義父の直続が月山富田城の戦いの前哨戦である赤穴城の戦いで討死し、その家督を継いだ。

その後も毛利氏家臣として、各地を転戦したが、慶長2年(1597年)に病没した。

直清の3代後の熊谷正直は、岩国領主吉川家に仕え、その典医(主治医)となった。