熊谷直続

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
熊谷直続
Akana Castle Distant view.JPG
直続終焉の地、赤穴瀬戸山城
時代 戦国時代
生誕 永正7年(1510年
死没 天文11年6月7日1542年7月19日
墓所 島根県飯石郡飯南町瀬戸山城付近
主君 武田元繁毛利元就
氏族 熊谷氏
父母 父:熊谷元直、母:不詳
兄弟 信直直続、女子(武田光和室)
女(熊谷直清室)、養子:直清
テンプレートを表示

熊谷 直続(くまがい なおつぐ)は、戦国時代の武将。安芸の国人で安芸武田氏家臣・熊谷元直の子。熊谷信直の弟。三入観音寺山城主。

生涯[編集]

幼少時に父が討死し、成長後は兄の信直に従い、各地を転戦する。

天文11年(1542年)、大内氏による出雲侵攻に従い、赤穴氏瀬戸山城攻略中に赤穴光清の手勢と戦い、討死した。兄の子で、婿養子となっていた直清が跡を継いだ。

関連項目[編集]