熊久保信重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
D1ドライバー 熊久保信重
生年月日 1970年2月10日
ドリフト
マシン トヨタ・チェイサーJZX100

日産・シルビアS15

スバル・インプレッサGDB

三菱・ランサーエボリューションIXCT9A

三菱・ランサーエボリューションXCZ4A

ローレル(C33)
所属チーム チームオレンジ(プライベート)
→チームオレンジ(ユークス所属)
初参戦 2001年 第1戦
最高位 優勝2回
ダートトライアル
マシン トヨタ・86ZN6

日産・シルビアS15

所属チーム チームオレンジ(ユークス所属)
初参戦 2016年 第1戦
最高位 3位

熊久保 信重(くまくぼ のぶしげ、1970年2月10日 - )は、福島県二本松市出身のD1ドライバー、エビスサーキット支配人。O型。祖父は東北サファリパークの創業者、熊久保勅夫。主な愛称は「支配人」「クマ」など。

来歴[編集]

全日本プロドリフト選手権での活動と、田中一弘末永直登との団体ドリフトユニット・チームオレンジを結成し、ADM(アドバンドリフトミーティング)をはじめ全国のサーキットで各種走行ショーを行っている。

本業は福島県エビスサーキットの支配人(祖父が隣接の東北サファリパークを経営していた背景あり)及びカーショップk-styleの代表でD1ドライバーの中では資金的に豊富であり、いち早くシーケンシャル・ミッションを搭載するなど、車両、チーム環境に強い。熊久保が駆るインプレッサ及びランエボJUNオートメカニックが製作した『4WD→FR化』『ラジエターの後方移設』などの技術を導入している(土屋圭市はチューニング費用2000万円と発言)。

かつてはドリフトにはまったく興味が無く、エビスサーキットでドリフトをした車両にブラックフラッグを振ったこともある。しかし古口美範がブラックフラッグを振られているにもかかわらず、ドリフトの練習をやめることは一切しなかったため、次第に熊久保も「まわりをよく見て、迷惑がかからないようにやってくれれば」と態度を軟化させていった。そして従業員仲間にドリフト経験者がいると聞いた彼は、古口にドリフトを一通り教わり実践してみると、モトクロスでの経験も手伝ってすぐにできるようになったとのこと。

後に「会社としても利益になる」としてドリフトに力を入れることになり、従業員や古口、そして彼と同郷の平岡英郎らとともに「Team K style with Rapid」を結成。『CARBOY』のドリフトコンテスト(この際「サーキットを無料で貸すので参加させてほしい」とバーター取引を持ちかけている)で優勝したのを期に[1]、『いかす走り屋チーム天国』東北大会において団体戦優勝を果たすなど、今日の活動へと繋がっている。

ドライバーとしての活動の一方で、ドリフトをビジネスとして成り立たせるためのビジネスモデル・ノウハウを輸出するビジネスも展開しており、2008年からはそれらの輸出先が一堂に会する「ドリフトサミット」を主催している[1]

2016年からは活動の場を全日本ダートトライアル選手権にも広げ、トヨタ86で参戦2戦目にして3位入賞をするなど実力を発揮。2017年にはD1選手権でも使用したS15シルビアをダートトライアル仕様に仕様変更し投入している。

主な活動[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連記事[編集]

外部リンク[編集]

先代:
2005年
風間靖幸
D1グランプリ
シリーズチャンピオン
(2006年)
次代:
2007年
川畑真人