瀬戸山登一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

瀬戸山 登一(せとやま といち、1930年5月13日 - 1978年10月19日)は、日本の法学者。専門は行政法公法学。元八幡大学教授法学博士明治大学、1972年)(学位論文「明治憲法における予算制度の研究」)[1]宮崎県都城市出身。子息に大阪大学法学研究科教授瀬戸山晃一がいる。

略歴[編集]

存命中に32の研究論文を発表した(法学セミナー1973判例憲法等)。 また福岡大学法学部、鹿児島大学法文学部の非常勤講師も勤めた。 明治憲法における研究では、予算制度の研究の他、租税法律主義、予算の効力、現憲法下における思想の残存とその検討、ドイツ予算制度の導入とその矛盾、等多角的また比較論的にも考察し当時の学会に於いて一定の評価を得た。

著書[編集]

  • 『行政法論』(八幡大学法経学会発行、1963年)
  • 『統治の機構と作用』(成分堂 共著、1973年)
  • 『基本的人権』(成分堂 共著、1973年)
  • 『現代の法学』(ミネルヴァ書房 共著、1974年)
  • 『明治憲法における予算制度の研究 上・下』(八幡大学社会文化研究所、1974年)
  • 『法支配の原理の研究』(八幡大学法経学会、1975年)
  • 『ケーススタディ憲法I』(法学書院 共著、1975年)
  • 『ケーススタディ憲法II』(法学書院 共著、1975年)
  • 『行政法総則』(成分堂 共著、1975年)
  • 『行政救済法』(成分堂 共著、1976年)
  • 『現代行政法』(有信堂高文社 共著、1978年)

脚注[編集]

  1. ^ 明治大学図書館 明治大学博士学位論文一覧(法学)