瀬戸利一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
せと りいち
瀬戸 利一
生誕 (1954-09-02) 1954年9月2日(65歳)
日本の旗 日本 神奈川県足柄上郡山北町
出身校 東北歯科大学・明治大学
職業 歯科医師空手家
団体 瀬戸道場
流派 極真会館
肩書き 理事長・師範
子供 瀬戸利宣 (長男)
瀬戸利嗣 (次男)[1]
公式サイト http://www.team-web.jp/kyokushin/

瀬戸 利一(せと りいち、男性1954年昭和29年)9月2日 - )は、日本歯科医師[2]空手家[3](極真連合会七段[4])。 本名読みは「せと としかず」。神奈川県足柄上郡山北町出身。一般社団法人極真会館(全日本極真連合会)理事・上席師範[5]東北歯科大学歯学部明治大学商学部商学科卒業。

略歴・人物[編集]

1969年、極真カラテ創始者・大山倍達に師事、内弟子となる。第8回オープントーナメント全日本空手道選手権大会出場、世界大会最終選考選手でもあった。

1975年、初段取得。1976年、大山倍達より「神奈川北支部」設立を拝命、現在に至る。

2011年第17回統一地方選挙神奈川県議会議員選挙(南足柄市選挙区)に出馬するも落選する[6]

普段は南足柄市にて医療法人極真会 瀬戸歯科医院の院長(理事長)として勤務。

主な資格取得[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]